2018年04月13日

キャンディに来た一つの楽しみだった「キャンディアンダンス」

「聖地キャンディ」に来るのに楽しみにしていたことが二つある。
一つは、キャンディ王朝の頃に宮廷内で踊られていたとされる「キャンディアンダンス」。
もう一つは、釈迦(仏陀)の犬歯(仏歯)が納められている「仏歯寺」。

今日は「キャンディアンダンス」。
ガイドブックによると
キャンディ王朝の頃に宮廷内で踊られていた舞を中心とし、各地の舞踊を組み込んだものである。ダンスは18世紀初頭に18の区切りからなる現在の形となり、悪魔払いやファイヤーダンスなどが組み込まれている。

この手のショーはこれまであまり期待していなかった。
でもこの前ハノイで行った「人形劇」がことのほか面白かったのでついつい期待してしまう。

3か所でやってるらしいが、行きやすい「キャンディ芸術協会」に行った。
時間ギリギリにいくと座れないかもと思って早めに行った。

ガラガラ。
と思ったら、ほとんどが予約済みの席。
my9044.JPG
何とか比較的前の方の席を確保。

開演。
思った以上に迫力の音だ。
my9045.JPG

いろんな題目が次々と演じられる。
my9047.JPG

ひとつひとつに意味がある、、、らしい。
my9046.JPG

決めのポーズ。
my9048.JPG

何故か最後に”火渡り”
my9049.JPG

1時間のショーだけどアッという間に時間は経つ。
いやあ、結構面白かった。

帰りは朝晩の日課となった「ジューススタンド」に立ち寄る。
my9050.JPG

その場で絞ってくれる生ジュースが60円はお買い得。
フレッシュで旨い。

完璧にハマってしまった。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
posted by kabumy at 23:25 | スリランカ | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

ガイドブックでは分からない世界遺産の街「聖地キャンディ」の風景

世界遺産の街「聖地キャンディ」。
今回是非とも行きたかったところの一つ。

想像してたより賑やかだった。
my9043.JPG

そうは言ってもどこか心休まる街だ。

街の中心はキャンディ湖。
my9037.JPG
早朝に見ても、夕方に行っても憩いの場だ。
癒される。

ここが高台にある湖のビューポイント。
my9041.JPG

ガイドブックにも必ず載ってるし、ツアーでも必ず立ち寄るようだ。
でも歩いて登る観光客はあまりいない。(暑いのにバカだねえ)

スリランカは仏教国。
そしてとても信心深い。

その信心深さは数日滞在しただけで痛いほど感じる。
授業の一環なのだろうか。

大勢の子供たちが引率されてお参りに来ていた。
カメラを見つけると、思いっきり微笑んでくれる。
my9038.JPG

礼拝の時は子供たちもみんな裸足。
我々観光客も、もちろん裸足にならなければならない。

交通整理をしている騎馬警察官。
my9036.JPG
警官の車のさばきも見事だけど、ジッとしているおん馬ちゃんも凄い。

ジッとしていると言えば、そこら中でワンちゃんが寝てる。
my9039.JPG
本当にそこら中に寝てる。
それもぐったりとして寝入っている。

マレーシアも暑いけど、こんな風にワンちゃんが寝入っているところは見ない。
スリランカのワンちゃんは安心しきっているように感じる。

その脇を犬猿の仲のお猿さんが器用に柵の上を歩いて行く。
my9040.JPG

都会だけど、とってものどかだわ。
スリランカ、なかなか居心地の良いところだ。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
posted by kabumy at 23:42 | スリランカ | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

スリランカに来て以来、皆さんお酒を買うのに苦労してる。

スリランカに来て以来、皆さんお酒を買うのに苦労してる。
別に売ってない訳じゃない。

でもイスラムの国マレーシアより買いにくい。
こんな風なところで売ってる。

my9035.JPG
それにしてもカメラ目線で笑ってくれる、店員さんとお客さん。
何てフレンドリーなんだ、スリランカが一気に好きになる。

何と棚に並んでいるのを自由に手に取って見て買う事ができない。
この小さな窓から銘柄指定で買う。

銘柄が指定できないと超面倒臭い話になる。
棚を指さして「あれは何だ?」「いくらだ?」
なかなか気に入ったものに到達できない。

でも皆さん、「じゃあもういらない!」っていう話になるかというと。
決してならない。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
posted by kabumy at 23:47 | スリランカ | 更新情報をチェックする

2018年04月10日

聖地キャンディへ列車で向かう、揺れが酷いと書いてあったけど

もうすぐ日本に帰ってしまう”じゅんちゃん”の強い要望でスリランカに来ている。
”じゅんちゃん”夫婦と、”タマンデサの友人”と4人で楽しく徘徊中。

簡単なところは自分たちで手配して、面倒な部分だけ現地の旅行会社に案内を依頼した。

コロンボからキャンディへは自分たちで移動。
鉄道での移動が人気。
ネットで予約が出来ないのが辛い。

予約の必要のない自由席の2等車で行く覚悟をしていた。
座れる保証はない、いやまず無理なようだ。

それが何故か10:35発の列車なら1等車が空いていると言う。
予定より早い出発なので、コロンボ観光はほとんど出来なくなってしまうけど、即決で購入した。

これが買えるはずのなかった1等乗車券。
my9027.JPG

エアコン付きでとても快適な1等車。
my9026.JPG
でも窓を開放して走る2等車の方が旅情があるかも。

のどかな風景だ。
my9033.JPG

線路を歩いている人もいる。
my9032.JPG

子供たちも線路を歩いて通学してる。
日本だったら大変な事になる。

3時間ちょっと掛かって、ほぼ時間通りにキャンディ駅に着いた。
my9034.JPG

揺れが酷くて2度と乗る気がしないなんて書いてあるBLOGもあったけど。
全然そんな事はなかった。

マレーシアの列車で慣れているのかも(笑)。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
posted by kabumy at 23:02 | スリランカ | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

旅行先に着いたらまず現地のSIMを買う、便利な世の中になったもんだ

空港に着いたら、予定通りすぐにスマホのSIMを買った。
夜中着なので買えるかどうか心配してたけど、予想に反して賑やかだった。

3社がSIMを売ってた。
ネットの口コミで「Dialog」が一番繋がると書いてあった。

他はガラガラなのに「Dialog」だけは7人ほど並んでいた。
こりゃ時間が掛かるなと思ったけど、もの凄いスピードでセットしてくれる。

この外人さんたちの間の向こうに見えるおっちゃんだ。
my9030.JPG

我々の番が回ってきた。

900円ちょっとで、昼間の時間帯で4GB、夜の時間帯で5GB、無料通話は国際電話が20分、ローカルが100分。
1ヶ月間有効。
my9031.JPG

安いから4人ともマレーシアのSIMと差し替えた。
my9029.jpg
これでお互いに連絡も取れる。

電話でも繋がるし、LINEもメールも繋がる。
もちろん日本ともOK。

Google mapも使えるし、クックパッドだって見れる。
見る事はないだろうけど。

本当に便利だ。
旅行先に着いたら、まず現地のSIMを買う。
最近の旅行の常識になってきている。

日本にもこんなのがあれば、一時帰国の時も便利なんだけどなあ。
どうして日本って通信費がバカ高いんだろう?⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
posted by kabumy at 20:17 | スリランカ | 更新情報をチェックする