2018年04月25日

宿のオヤジに薦められた通り夜の寺院巡りに出かけた、感動した。

滞在先のオヤジから薦められた。

「イスルムニヤ精舎」は昼間行ってもいいけど。
「スリーマハー菩提樹」と「ルワンウェリ・サーヤ大塔」は夜暗くなってから行った方がいいと言う。

良ければ車で送って行くと言ってくれた。
最近海外で親切にされると、どうも疑心暗鬼になってしまう。

でも小さな決心をして、お願いした。

約束した6時に玄関で待った。
スリランカの6時はだんだん暗くなる時間だ。
マレーシアのように7時になっても明るいなんてことはない。

約束通り車で送ってくれた。
着いてから、回るルートも丁寧に教えてくれた。

まずは「菩提樹」。
紀元前3世紀にインドのアショーカ王の王女がブッダガヤの菩提樹の分木をここに運び、当時の王が植樹したものだと言われている。

my9112.jpg
すっかり日も暮れてきて、菩提樹もライトアップされている。

驚いた。
観光客はほとんどいない。

白装束を身にまとった敬虔な参拝者ばかりだ。
白い服を着てきて正解だった。

参拝者の方が我々にお供えする花や果物を分けてくれる。
生まれてこの方宗教心を持ったこともないのに、実に申し訳なくなってくる。

あちこちでみんな真剣に手を合わせている。
my9115.jpg

my9114.jpg

my9113.jpg

私も日本に戻ると、まず浅草寺にお参りに行く。
今回も無事日本に戻って来れましたとご報告に行く。

でもこの姿をみると、そうじゃないんだなあと心底思った。
と同時に、こんな時間に観光に来ちゃいけないなとも思った。

ましてやカメラで撮るなんて。
いくらブロガーの悲しい性だとはいえ。

続いて向かったのは、「ルワンウェリ・サーヤ大塔」。
教えてもらった通りに行くと、「菩提樹」からは整備された道が続いている。

my9116.jpg

街灯に照らされた道は実に神秘的だ。
参拝の時はみんな裸足だ。

当然我々も裸足になった。
いくら宗教心がなくてもここで靴ははけない。

やがて「ルワンウェリ・サーヤ大塔」が見えてくる。
my9117.jpg

これまたライトアップされていて、言い表せないような美しさだ。
ここにもたくさんの白装束をまとった参拝者が大勢いる。

my9118.jpg

my9119.jpg

写真など撮ってる輩は1人もいない。

次の日の朝、旅立つ時に宿のオヤジにお礼を言った。
あの時間に行って本当に良かったと。
連れて行ってくれてありがとうございましたと。

固い握手をして別れた。
疑心暗鬼になった自分が恥ずかしかった。

もう少し信じる事も大事なのかもしれない。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
posted by kabumy at 00:48 | スリランカ | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

昨日の滞在先の「ヘリタンスカンダラマ」の5分の1の宿泊料だけど

昼メシ前に、荷物だけ預けた今日の滞在先に、チェックインした。
このホテルがなかなか優れものだった。

6部屋ぐらいしかない小さなホテルだ。
昨日滞在した「ヘリタンスカンダラマ」が一部屋20,000円くらいするのに対して。

4,000円くらいだ。
1人あたり2,000円。

「ヘリタンスカンダラマ」は実に興味深いホテルだった。
また泊まってみたいと素直に思った。

今日のホテルは設備ではかなわないものの。
きめ細かい対応、心遣いでは完全に勝ってる。

チェックインもウエルカムドリンクを飲みながらテーブルでやってくれる。
これからのスケジュールを聞かれた。

「地球の歩き方」に書いてあった通り、まずは25$でチケットを買いに行こうと思うと告げた。
チェックポイントで必ず提示を求められると書いてあった。

宿のオヤジに言われた。
今からではそれほど回れない。
そんなチケットを買うのはもったいない。

ベスト3の遺跡をみるだけでもいいのではないか。
そこを回るのなら、そのチケットは必要ない。

目が点・・・。
そのベスト3とは。

☆ イスルムニヤ精舎
☆ スリー・マハー菩提樹
☆ ルワンウェリ・サーヤ大塔

まさに我々が行きたかったところだ。
イスルムニヤ精舎は200ルピー(140円)が別途必要だけど、他の2か所は必要ないと言う。

地球の歩き方のおかげで25$損するところだった。

それに「イスルムニヤ精舎」は昼間行ってもいいけど。
「スリーマハー菩提樹」と「ルワンウェリ・サーヤ大塔」は夜暗くなってから行った方がいいと言う。

良ければ車で送って行くと言ってくれた。

どうも最近海外で親切にされると、疑心暗鬼になってしまう。
何か落とし穴があるんじゃないかと。

心配しても仕方がない。
お願いした。

ちょっと休憩してから、まずはトゥクトゥクでイスルムニヤ精舎に行った。
my9111.JPG

まあ普通の遺跡観光だった。
まあいつものそんなもんかな、、、だった。

そして夜の遺跡巡り、感動の連続だった。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
posted by kabumy at 00:19 | スリランカ | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

現地SIMを入れて大正解、googlemapが目指す店まで連れて行ってくれる

旅行会社に頼んだ旅程は終わった。
これからまた自分たちで回ることになる。

多少のトラブルはあっても自分たちで回った方が気楽でいい。

でもキャンディからここまでの区間は旅行会社に頼んで良かった。
とてもじゃないけど自分たちでは回れなかった。

旅行者にはバスを使っての移動は至難の業。
若いバックバッカーならいざ知らず、年寄りには無理だわ。

旅行会社と別れて、まずは昼メシ探し。

旅行会社がホテルのバイキングを予定してくれていたけど。
キャンセルしてもらった。

バイキングと言われても年寄りはそんなに食べられない。
何でもあるけど、美味しいものはないし。

トリップアドバイザー1位の店に行く事にした。
「Little Paradise Anuradhapura」

現地SIMをスマホに入れて大正解。
google mapがちゃんと店まで案内してくれる。

店があるはずのところにいったら門扉が閉まっている。
店の看板はあるので、間違いはない。
my9110.jpg

呼んだら出て来た。
店というよりゲストハウスの食堂みたいだ。

スリランカカレーなら出来ると言う。
それを食べに来たんだから全然問題ない。

いろんな種類のカレーが並ぶ。
my9108.JPG
なくなったら言ってくれと言う。

こんな風に自分で盛る。
my9109.jpg

3回くらいお代わりした。
辛いけど美味しい、いくらでも食べられる。

マレーシアのカレーと全然違う。
辛いけどさっぱりしてる、雑味がない。

ホテルのバイキングで3-4,000円も払うより、思いっ切りリーズナブルだし、何より美味しい。

やっぱり手作りの旅は楽しい。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
posted by kabumy at 23:39 | スリランカ | 更新情報をチェックする

旅行会社の専用車で回るとどうも感動が薄い、無謀にも自分たちで

今朝「シーギリヤ」から「アヌラーダプラ」というところに移動。
my9107.jpg
約2時間の移動。

まだ旅行会社に頼んだ専用車での移動だから楽チン。

アヌラーダプラは、今から2500年以上前にスリランカの最古の都があったところ。
ここには南北5q、東西2qに及ぶ広い遺跡地区があって、たくさんの遺跡が点在している。

当初の予定では、旅行会社の専用車で効率よく回ってもらう予定をしていた。
でも、前日の「ダンブッラ」、「シーギリア」も実に効率よく回れたけど、思った通りちょっと感動が薄い。

自分たちで歩いて回った「キャンディ」の方がとても楽しかった。
昨日の夜、飲みながらそんな話になって、遺跡は自分たちで回る事にした。

たくさんの遺跡を回るより、非効率だけど少ない遺跡をじっくり見て回る道を選んだ。

旅行会社とは「アヌラーダプラ」の今晩泊まる予定の宿まで送ってもらってお別れした。

昼メシもホテルのバイキングの予定だと聞いてキャンセルしてもらった。
ちょっとバイキングも飽きた。

特段文句も言われず、気持ちよく了解してくれた。
別にこの旅行会社が悪かった訳じゃない、実にきめ細かい配慮をしてくれていた。
ただ、我々がわがままだっただけだ。

まずは昼メシだ。
こんな時に現地のSIMは威力を発揮する。

スマホでいろんなものが検索できる。
ということで、明日は激ウマの昼メシから始まる。

だんだんこのブログの人気も落ちて来た。
スリランカ旅行を書いていたんじゃ仕方ないかって気もするけど(笑)。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
posted by kabumy at 00:05 | スリランカ | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

いよいよメインイベント「シギリアロック」、驚くのはこの頂上に王宮があったことだ

いよいよ今回の旅のメインイベント、「シーギリアロック」だ。
それは緑一色のジャングルのなかに忽然と姿を現す。

驚くのはこの頂上に王宮が建設され、王が暮らしていたことだ。
my9092.JPG

こんな岩山の頂上に、何故に王宮を作る事になったのか。
真剣に話せば長くなるので、超大雑把に書くと。

弟に王位を継承されてしまう恐れを抱いた腹違いの兄が、王の父親を殺して自分が王位についてしまう。
そして弟の復讐を恐れて、この岩山の頂上に王宮を作って逃げ隠れた。

結局は、インドに亡命していた弟に11年後に攻め込まれ、自害してしまう。
ここが王宮だったのはたった11年でしかなかった。

簡単に書き過ぎたけど、いろいろと考えさせられる話だ。
さて頂上の王宮遺跡に立った時どんな気持ちになるのだろうか。

いよいよ登り始める。
my9093.JPG

ハッキリ言って午前中のダンブッラの石窟寺院の筋肉痛がまだ残っている。
ブログ的には3日前だけど、現実は数時間前のことだ。

夕方からの登頂を勧められたけど、正解だったみたいだ。
意外と混んでない。

my9094.JPG

my9097.JPG

ミラーウォールだ。
my9095.JPG

当時はピカピカに輝いていた。
漆喰を塗って、その上に卵白と蜂蜜を塗って磨き上げていたらしい。

何故にこんな壁が必要だったかというと、反対側に描かれた美しいシギリアレディを写し出すために必要だった。

残念ながら去年からこのレディたちは撮影禁止になってしまった。
写真を撮ったからといって、痛む訳でもないのに、どうしてなんだろう?

さっき歩いてきた道が遥か下に見える。
my9096.JPG
随分と登って来た。

やっとライオンテラスだ。
my9098.JPG

元々はライオンの顔もあったらしい。
いまは足しか残ってない。

ここまで来れば頂上までもう一息だ。
my9099.JPG
高所恐怖症の人にはちょっと辛いかも。

さあ最後のひと登りだ。
my9100.JPG

やっと頂上だ。
何とか登ってこれた。
my9101.JPG

my9106.JPG

my9105.JPG

まさにここが王が暮らしていた場所だ。
my9104.JPG

それにしても、こんな攻め込まれるはずのない岩山の頂上に暮らしていて。
いつ攻めて来るかと怯えながらの11年間ってきっと長かっただろうな。

私もマレーシアに来て、もうすぐ11年だ。
いつ”日本に帰りたい病”が発症するか、怯えながらの11年だった。

ちょっと違うか。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
posted by kabumy at 01:40 | スリランカ | 更新情報をチェックする