2018年04月29日

いよいよスリランカ最後の食事になってしまった。

ゴールからコロンボに戻って来た。
ちょっと早めに着いた。

ゆっくり食事をする時間ができた。
いよいよスリランカ最後の食事だ。

ちょっといいものを食べようと思っていた。
ガイドブックを見て、ダッチホスピタルかなと思って、そこの有名な蟹の店を予約しておいた。

ここだ。
my9142.JPG

まさかのブーイングが起きた。
蟹なんて日本でいくらでも食べられる。

最後の食事は「スリランカカレー」だろう。
確かにそう言われれば、そうかもしれない。

蟹の店はキャンセルした。
目の前に店があるのに、電話した。
自分は日本人なんだなあと改めて感じた。

隣の店がカレー屋さんだった。
そこそこお客さんも入っていたのでそこにした。

もちろんスリランカ野菜カレー。
my9143.JPG

残念ながらあまり辛くない。
欧米人の味覚に合わせているのだろう。

最初の日に食べた最初の食事が超ローカルの店で。
スプーンもフォークもない店だったけど、結局一番美味しかった。

ブツブツ文句を言いながらも、結局はみんな完食。
my9144.JPG
マレーシアのカレーとはまた違った美味しさがある。

空港に向かうバスに乗った。
my9145.JPG

車窓から見える風景がとても感慨深かった。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

posted by kabumy at 23:35 | スリランカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

楽しかったスリランカ旅行もいよいよ終わりに近づいてきた

ゴールの旧市街に戻ってきた。
「ライトハウス ホテル」からトゥクトゥクで10分位だ。

また値段交渉から始めなければならないのが本当に疲れる。
たいした値段じゃないから言い値でいいじゃないかと言う人もいるけど。

明らかにふっかけているのが分かるから腹が立つ。

ここ旧市街は、城壁に囲まれている町だ

my9137.jpg

my9141.jpg

my9134.JPG

とても雰囲気があるところだ。
ウロウロと徘徊してるだけでもとても楽しい。

my9138.jpg

my9140.jpg

my9136.JPG

my9135.JPG

アマングループのホテル、「アマンガラ」だ。
my9139.jpg
時間がなくてゆっくり立ち寄れなかったのが残念だ。

ちょうどいい時間の鉄道がなかったので、バスでコロンボに戻る事にした。
バスは頻繁に出ている。

時間も鉄道と同じくらいだ。
余裕の時間でコロンボまで戻って来た。

ゆっくりと晩メシを食べる時間もある。
最後に美味しい紅茶も飲んでみたい。

その後は空港に向かう。
楽しかったスリランカ旅行もいよいよ終わりに近づいてきた⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

posted by kabumy at 23:35 | スリランカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

スリランカのリゾートエリアの南西海岸に行った、また違った顔が見れた。

ゴールの駅に着いたら即刻に”ジェフリーバワ”設計の「ライトハウス ホテル」に向かった。
トゥクトゥクで行ったけど、意外と高い。

コロンボからゴールまで2等車だったけど、2時間ちょっと乗っても180ルピー。
それなのに、たかが10分ほどのところまで行くのに300ルピーだと言う。

散々値切り倒したけど、それでも150ルピーがせいぜい。
1人75ルピーだ。

まあ50円くらいだから日本に比べると安いけど。
公共交通に比べると思いっ切り高い。

日本は民間に比べて公共料金が高い。
考えてみたら、とっても不思議な国かもしれない。

あれこれ考えているうちに「ライトハウス ホテル」に着いた。

とっても狭いエントランス。
my9127.jpg

おまけに暗い。
その暗いエントランスに螺旋階段がある。
my9133.JPG

階段の手すりには、オブジェが飾られている。
それはポルトガル人が攻め込み、山の上のキャンディ王朝を支配するまでを描いているそうだ。

my9131.JPG

my9132.JPG

その階段を上がり切ると、インド洋がバーンと見渡せるラウンジに出る。
今度は眩いばかりに思いっきり明るい。
my9129.JPG
このコントラストに感動する。

思いっ切りリゾートだわ。

ここでゆっくりとお茶タイム。
my9130.JPG

4人で思い出話に花が咲く。
もう10年近い付き合いだもんなあ。

と言っても、6時にはコロンボまで戻らないと超ヤバい。

ゴールの旧市街もせっかくだからゆっくり徘徊してみたい。
2時間くらいは最低でも必要みたいだ。

名残惜しいけど、ジェフリーバワにお別れした。
さあこれから旧市街を見て、一気にコロンボまで戻ろう。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

posted by kabumy at 23:57 | スリランカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

日帰りでゴールに行く事にした、そこにもあの建築家が設計した感動のホテルが。

昨日4時間ちょっとをかけて、列車でコロンボまで戻って来た。

恐ろしく揺れて2度と乗る気がしないと、いくつかのブログに書いてあった。
バスの方がいいかなと悩んだけど、結局列車にした。
でも、全然問題ない。

我々は、マレーシアの鉄道で慣れてしまっているせいだろうか。
私からしたら、日本の鉄道のあの静けさの方が異常だと思う。

今晩の便でマレーシアに戻る。
当初の予定では、コロンボでぶらぶらしてそのまま空港に向かう予定だった。

”じゅんちゃん”がゴールに行けないの?と突然言う。
まあ日帰りで行けない事もない。

みんなで話し合って行く事にした。
乗り遅れてもしょうがないという覚悟をした。

朝コロンボ駅に行ってチケットを買った。
ゴール方面の列車は1等車は連結してない。

なので、座席指定もない。
乗った時には、もう窓際の席は空いてなかった。
バラバラに通路側の席に座った、まあ贅沢は言えない。

my9125.jpg

my9126.jpg

ゴールに着いたらちょうど昼メシ時なのに。
持ち込んだものやら、売りに来たものやらを食べてしまったので、全然腹が減ってない。
お茶をしに行く事にした。

あのスリランカが生んだ建築家、ジェフリーバワ設計のホテルが車で10分くらいのところにある。
「ライトハウス ホテル」だ。

シギリアでも彼が設計した森に埋もれてしまった「ヘリタンスカンダラマ」に泊まった。
my9089.JPG

今回の大きな一つのテーマにしてる。

まずはそこに行って、スリランカの美味しいお茶を頂く事にした。
これまた感動の連続だった。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

posted by kabumy at 22:34 | スリランカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何日も掛けてコロンボから北上してきたけど、今日一気にそこまで列車で戻る

朝、宿のオヤジと固い握手をして別れた。
本当にお世話になった。

今回の旅はいろんな事を考えさせられる旅で、本当に良かった。
いろんな人に出会えた。

コロンボから何日も掛けて北に向かって移動してきたけど。
今日一気にコロンボまで戻る。

バスで行くと6時間、鉄道だと4時間だと言う。
でも、鉄道も時間通りにくる保証はない。
それに、鉄道は相当揺れるとブログには書いてあった。

幸い我々はマレーシアの鉄道で慣れている。
躊躇なく鉄道をチョイスした。

15分位の遅れでやって来た。
my9121.jpg
何てラッキーなんだ。

やっぱり2等車の方が窓が開いていい。
途中下車の旅って感じがする。

my9122.jpg

my9123.jpg

だいぶコロンボに近づいてきた。
my9124.jpg

スリランカに着いた時の最初の街だ。
たいして知らないけど、何か懐かしい気がする。

明日はここコロンボでゆっくりするつもりだった。
夜にはマレーシアに向けて出発だし。

”じゅんちゃん”がゴール(Galle)までは行かないの?と聞く。
行けない事はないけど・・・

日帰りでGalleまで行くの?
みんなが行こうと言う。

完全にみんな何かのスイッチが入ってしまっている。
私も入っているみたいだ。

まあいいか、遅れたら遅れたらで。
とうことで、明日は朝からまた2等車で途中下車列車の旅だ。

少なくともジジババの旅のスタイルじゃないわな。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

posted by kabumy at 01:25 | スリランカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする