2017年09月21日

いよいよ高度40mの狭い板切れの上を渡る。

昨日の『キャノピーウォーク』の続きです。

昨日のブログの終わり方がひどかったせいか。
こういう「旅行記」は、そもそも人気がないせいか。

訪問者半減中です(笑)。
今日もめげずに書いて行こう!

昨日はキャノピーウォークの入口に辿り着いたところで終わった。
リゾートから歩き始めて30分ちょっと。

キャノピーウォークの入口。
my8628.JPG
ここで一人5リンギを払う。

これで5リンギは安い、コスパ良過ぎ。
50リンギでもいいくらいだ。
いくら何でも、ちょっと盛り過ぎか。

当たり前だけど、出だしは割と低い。
my8629.JPG

段々高度が上がって行く。
my8630.jpg

my8631.JPG

一番高いところで、40mあるそうだ。
my8632.JPG

my8634.JPG

530mを歩いたら、やがて終点に近づいて来る。
my8635.JPG

概ね20分程度の旅程。
”じゅんちゃん”が気に入って「もう一回行こう」と言い始めたけど、みんな無視。

リゾートに向かって下り道を歩き始めた。
my8636.JPG

リゾートまで、これまた30分位。
my8637.JPG
これも運動不足の私でもたいした事ではなかった。

今になって、もう一度行けば良かったと悔やんでいる。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

posted by kabumy at 19:26 | 島巡りでの計画中の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

ジャングルリゾートの肝「キャノピーウォーク」へ。

やっとジャングルリゾート『タマンヌガラTaman Negara』の事を書き始めた。
ブログ村のポイントはどんどん下がっちゃうけど、めげずに書くぞぉ〜。⇒お恵みポチッ

まずは、観光目的の人には一番の目玉。
『キャノピーウォーク』

「キャノピーウォーク」って何なのよ?→リンク

ここは、世界最長の530mの長さ。
高さは一番高いところで40m。

☆アップダウンが激しくて途中で何度も休みながら行った。
☆すぐそこにあると思っていたら30分以上も歩いた。
そんな「口コミ」を読んでたから、我々ジジババにもそんなところに行けるのだろうか?

そんな心配をしながら出かけた。
コーヒーなんぞをバルコニーで飲んでリゾートしてる”じゅんちゃん”を促して出かけた。
my8620.JPG

リゾートの中を歩いて行く。
my8621.JPG

案内はたくさん出てるので迷う事はない。
my8622.JPG

リゾートを出てからも随分と整備されている。
my8623.JPG

my8626.JPG

熱帯特有の樹木に遭遇。
my8624.JPG
ほとんどの観光客はここで記念撮影らしい、我々も数枚パチリ。

ひたすら歩く。
でもとても整備されているので、何の心配はない。
my8627.JPG
確かにアップダウンはあるけど、何てことない。

30分ちょっと歩いて、『キャノピーウォーク』の入口に到着。
my8628.JPG

どうだった?と問われれば、大したことはないと思う。
毎日過酷な(?)トレードで、運動不足の極致にある私でも全然大丈夫だった。

随分と長くなってしまったので、明日に続く。

おいおい引っ張るのもいい加減にしろよ!
何とかなんないのか!

と、ボケ突込みしたところで、今日は終わってしまう。
明日に期待を込めて。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

posted by kabumy at 21:05 | 島巡りでの計画中の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

そろそろ書かなきゃ「タマンネガラ」のこと忘れちゃう。

今日はジャングルリゾート「タマンヌガラ」のエピローグ。

『タマンヌガラ Taman Negara』

1億3000年前から続く熱帯雨林があるマレーシア最大級の国立公園。

総面積4343km2という想像を絶する広さ。
おまけに、マレーシア半島最高峰の「タハン山」2,187mもある。

そんなジャングルリゾートに2泊3日で出かけた。
もともとは”タマンデサの友人”のところに来た日本からの客人の要望から始まった。

それが目的でマレーシアまで来たようなものだ。
そこに私と”じゅんちゃん”夫婦が巻き込まれた。

総勢6名で出かけた。

クアラルンプール市内からツアーも出ている。
今回は自分たちで運転して向かった。

google mapでは3時間半くらいの工程だったけど。
my8619.jpg

結局は、休み休み行った事もあって4時間ほどかかった。
そこには想像を絶する広さのジャングルがあった。

たった2泊3日では、ほんの触りしか経験できないと言っていい。
それでも、多くの泣き笑いがあった。

明日は世界最長級の”キャノピーウォーク”について書こうと思う。
今回は、絶対にめげずに最後まで書き切りたい。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

posted by kabumy at 23:04 | 島巡りでの計画中の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

マレーシアで暮らしているうちに行っておきたい近隣諸国

今日は「マレーシア」「イポー」からは、ちょっと外れる。

エアアジアのサイトを見ていたら、プロモーションをやっていた。
始まってから1週間程度経ってしまっているようだ。

最安値のチケットはもうない(と思う)。
そもそもビッグプロモーションじゃ、なかったのかもしれない。

エアアジアで、最安値のチケットを手に入れようと思ったら。
前もってどこに行きたいのか、何日間で行くつもりかを。
あらかじめ決めておかないと、望むチケットをなかなか手に入れにくい。

でもって、プロモーションが始まったらパッと買う。
これしかない。

ふと思った。
行きたいなあと思っていた、ベトナムとか、チェンマイとか、バリとかは日本に撤退してからだって、割と簡単に行ける。

どうせなら、マレーシアからなら近いけど、日本からは行きにくいところ。
そして歳を取ったら行けないところ。(今でも歳だけど)
そういうところに行った方がいいのでは。

それは、いったいどこなのよ?
エアアジアのクアラルンプールからの直行便のルートマップを調べた。

my7390.JPG
(クリックすると大きくなります、というか大きくしないと読めません)

そうか、マレーシアより地図の左側、西の方に行けばいいのだ。
それはいったいどこなんだ。

「テヘラン」と「ダッカ」は、ちょっと今はその気分じゃないし。
中国は、ハナから外して。

「Male」って、どんなところ?
ググってみたら、驚いた。⇒ google画像検索

超楽しそう、でも私の経済からは無理のような気もするし?

いろいろとフィルターに掛けてみると。
「インド」・・・一度行った事があるけど北インドだけ。南方面に行ってみたいと思っていた。⇒ 南インド画像検索

「スリランカ」・・・想像の範疇を超えてる。以前、計画しようかと思った時に内戦が起こって断念した。⇒ スリランカ画像検索

パッと見は「南インド」の方が、性に合ってる気もするけど。
もう少し調べてみよう。

でも誰も一緒に行かないだろうなあ。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

posted by kabumy at 20:11 | TrackBack(0) | 島巡りでの計画中の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

パンコール島へのゲートシティは「ルムッ」

決心して、始めます。
『パンコール島旅行記』
多分、不定期になるんじゃないかと。

いつもは「ブログ村」のポイント激減で、断念してしまう事が多いけど。
今回は、最後まで書き終える覚悟で、何とか。
応援よろしくです⇒応援ポチッ

『パンコール島へのゲートシティはルムッLumut』

何度も書きますが、金持ちが行くのは「パンコールラウト」。
我々が行ったのは、「パンコール」
くれぐれもお間違えのないように。

「ルムッ」はここ。
my7350.jpg
google map

イポーから、車で1時間半〜2時間。
混み具合で結構違う。

KLからだと、4時間くらい。

ここ「ルムッ」にジェティがある。
my7354.JPG

my7356.JPG
ここからパンコール島行きのフェリーが出ている。

フェリーは3社共同運航。
窓口はそれぞれ持ってるけど、3社のフェリーが順次出てる。
my7355.JPG
どの窓口で買っても、同じ出発時間なら乗るフェリーは同じ。
儲けをどう分配してるのかは知らんけど。

今回は、「DUTA」のフェリーだった。
my7357.JPG

my7353.JPG
閉鎖的であまり好きじゃない。

2年前に行った時は、「PAN SILVER」だった。
my7351.JPG

my7352.JPG

my7358.JPG
開放的でとてもいい。

どの時間のフェリーがどこの会社のものか、いくら調べても私には分からない。

およそ30分でパンコール島に着く。
my7359.JPG
途中1か所寄るけど、そこで降りないように。

パンコール島一番の市街地に着く。
各リゾートへは、そこからタクシーで向かう。

ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

posted by kabumy at 23:07 | TrackBack(0) | 島巡りでの計画中の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする