2017年01月25日

あの”ユニーク夫婦”の奥様だけがお友達を連れてやってくる

久し振りに”クチャイラマ”のコンドに泊まった。
必要最小限のお泊りセットはまだ置いてある。

どうもコッチの方が寝やすい気がする。
1年半くらいここで寝てたから、まだ身体が馴染んでいるせいだろうか。

点心でも食べてから”ミッドバレー”のコンドに戻ろうと思っていたけど。
起きたらトレードを始める時間が迫っていた。

目覚ましを合わせていた気になってたけど、鳴らなかった。
もしくは無意識に止めていた。

このところ調子がいいので、是非とも戻ってやりたかった。
慌てて戻った。
でも、せっかく戻って来たというのに、ほとんど出番なし。

何なんだか、だ。

そう言えば、”タマンデサの友人”から電話があった。

年末年始に日本から遊びに来ていた、”ユニーク夫婦”の旦那からメールがあったそうだ。
あの恐ろしい”ユニーク夫婦”だ。⇒”ユニーク夫婦”初登場のシーン(笑)

奥様がマレーシアの事を大変気に入って、今すぐにでもまた遊びに行きたいと言ってる。
3月に、奥様だけがお友達と一緒に行くことになった。
ついては、前回同様泊めて欲しい。
観光等も、大事な友人なので粗相のないようにして欲しい。

「どうしたらいい?」と泣きそうな声だった。
思いっ切り笑った。
彼は笑ってなかったけど。

それにしても相変わらずユニークだ。
「大事な友人なので粗相のないようにして欲しい。」って言えるところが凄い。

結局、しばらく放置しておくことになった。
はたしてどうなるだろうか?⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

posted by kabumy at 23:31 | TrackBack(0) | KLに来るいろんな人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

”ユニーク夫婦”は昨日帰った、お疲れさん会を開催した

夕方から「”タマンデサの友人”を励ます会」を開催した。

発起人代表は、私。
発起人副代表は、”じゅんちゃん”。

出席者は、”じゅんちゃん”奥さんを入れて4人だ。
”きーちゃん”はゴルフに忙しくて、それどころじゃないらしい。

場所は”ホーカーズ”か、”持込OKの中華の個室”がいいんじゃないのと、ご提案申し上げたけどあえなく却下。
”タマンデサの友人”の部屋でやることになった。

私が引き籠りがちなのは昔からの事で、完全に病気の範疇だけど。
”タマンデサの友人”も”じゅんちゃん”も、最近は軽く発症してきてない?

ここで私は、ない脳みそをフル回転させた。
車でタマンデサに行っては、もう絶対に帰れない。

泊まらせてもらうのはありがたいけど、そのあと使ったベッドのシーツやタオルケットやバスタオルなんぞを洗濯するのは意外と大変。

なので、今度引っ越す”ミッドバレーのコンド”に車で行って、そこからバスで行く事にした。
泊まるための日用品や、飲み物だけは積んで。

一応ツマミも持って行った。
このメンバーで集まると私の役目になる。
みんな飲むのに忙しい。

相変わらずのメニューだけど、、、
my7773.JPG

my7772.JPG
材料を持って行って、”タマンデサの友人”のキッチンで作った。

意外と好評。
まあ、味音痴ばかりだけどね。

いやあ、今日は盛り上がった。
いつも盛り上がるけど、ちょっと異様なくらいだった。
いやあ、こういう宴会って楽しい。
ほんの少しだけど飲めるようになって、違う世界を知った気がする。

”じゅんちゃん”も、朝食に一度付き合ったんだって。
ロティチャナイを食べに行った。

出てきたロティチャナイを見て、「いやぁ これは無理だな」と言って、手を付けなかったそうだ。

奥さんはいつもの通り、旦那に同調。
「私もちょっと無理ですぅ。」
食べて言うならまだ分かるけど、見ただけでぇ!

この話で、一同爆笑。
30分は笑い声が響き渡っていた。

「で、どうしたの?」

近所のパン屋さんで、アンパンを買って帰って食べた。
「こんな美味しいアンパンは食べたことがない」と、お世辞しまくっていたそうだ。
まあ、アンパンを褒められてもねえ。

彼らはずっと”タマンデサの友人”のところに泊まっていた。
ホテルを紹介したけど、ローカル的なところに是非泊まりたいと言われたそうだ。
後で考えたら宿泊費が惜しかったのかもね。

結局、滞在中の食事は全部、”タマンデサの友人”が払ったそうだ。
外食も含めて。

「学生時代の友人じゃなかったの?」
勤めていた頃の、先輩だったそうだ。

「働いている頃は、あんな人じゃなかったんだけどねえ。」
後輩思いの面倒見のいい先輩だったんだけど・・・。

退職して、お金にシビアになったのか。
それとも、46時中一緒にいる、奥さんの性格が移ったのか。

”タマンデサの友人”が涙ぐんで言う。
みんなには迷惑をかけて申し訳なかったと。

最近こいつは、よく涙ぐむ。
ちょっと精神が危ないか、演技が上手くなったのか。

”じゅんちゃん”と私が、口を揃えて言った。
「いやいや、とてもユニークで楽しかったよ。」

”タマンデサの友人”が言った。
「じゃあまた来るって言ったら、また付き合ってくれる?」⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

⇒ 「あの”ユニーク夫婦”の奥様だけがお友達を連れてやってくる」に続く。

posted by kabumy at 23:06 | TrackBack(0) | KLに来るいろんな人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

”ユニーク夫婦”は本日ご帰国 最後の食事はまたマック、切れた。

”ユニーク夫婦”が日本に帰る日だ。
一緒に空港まで送って行くように、”タマンデサの友人”から懇願されている。

約束の10時半に”タマンデサの友人”のコンドの前に着いた。
10分ほど前に行ったけど、やはりもう待っていた。

”ユニーク夫婦”の旦那は、全身で「遅い!」を表現してた。
知らんがな。

ハッチバックと言うの?
荷物を入れる扉を開けた。

ずっと私の顔を見てるから、「どうぞ」と言った。
自分の荷物くらい自分で積めよ!
知らんがな。

音楽を思いっきり鳴らして走った。
どうせ後部座席で、夫婦だけの会話をしてるだけだから。

予定通り到着。
my7771.JPG
この賑わいが好き。

KLIA2も、まだまだクリスマスだ。
my7768.JPG

ここから一気にチャイニーズニューイヤーの飾り付けに変わる。
その間に「元旦」はない。

さてそれでは、お昼ご飯にしましょうかね?
”ユニーク夫婦”に、何が食べたいかを聞いている。
”タマンデサの友人”は、いろいろと候補を挙げているようだ。

マレーシアを代表する、数多くのレストランの中から選ばれたのは、、、
my7770.JPG
到着した時、私がマックもあると言ったのが、拙かったのだろうか?

ハンバーガーばかり、もう嫌だと思った。
決して嫌いじゃないけど。

意を決して言った。
「申し訳ありませんが、朝メシもパンだったので、私はマレー料理でも食べに行ってきます。」

”タマンデサの友人”が言った。
「1時間もしたら戻ってくるので、ゆっくり食べてて下さい。私もマレー料理を食べてきますから。」

my7769.JPG

湯気でレンズが曇るくらい、アツアツ。
チキンとマッシュルームのクレイポット。
my7767.JPG

黙々とふぅふぅと頬張りながら、顔を見合わせて思いっきり笑った。
2人は、おかまでもなければ、ゲイでもない。
とにかくおかしくって仕方がなかった。

”タマンデサの友人”が言った。
このまま放っておいたらどうなっちゃうだろう?
面白いだろうなあ?

そんなこと出来るはずもなく、1時間後にはマックに戻って、搭乗口に向かった。
いつも搭乗口で撮る記念撮影もなし。
簡単に挨拶をして別れた。

帰りの車中、いつも以上にうるさい ”タマンデサの友人”がいた。
ああうるさい。危ないから少し静かにして欲しい。

「今日、ご苦労さん会でもやる?」って聞いた。
「悪いけど、今日はもう寝るわ。」

そうだろうな。
お疲れ様っス!⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

⇒ 「”ユニーク夫婦”は昨日帰った、お疲れさん会を開催した」に続く。

posted by kabumy at 23:55 | TrackBack(0) | KLに来るいろんな人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

”タマンデサの友人”は”ユニーク砲”を一身に受ける気のようだ

”ユニーク夫婦”御一行様は、今日はゲンティンハイランド。

昨日別れ際に、車で行こうかと申し出たけど、バスで行くからいいよと言われた。
”タマンデサの友人”は、自分だけで”ユニーク砲”を一身に受ける気のようだ。

荘厳な武士の姿と重なるものを感じた。
ちょっと買いかぶり過ぎか?

そんじゃまあと、ゆっくりさせて頂いた。

10時のおやつに、、、
my7763.JPG
「エッグタルト」だい。

幸せ〜!
この世の幸せを独り占めしてたら、スマホが鳴った。

画面に ”タマンデサの友人”の名前が出てる。
何だろ? ゲンティンからわざわざ電話してくるなんて。

「もしもし・・・。」

「悪いけどさあ、昼からチョコレート工場に行ってくれる?」と言う。
ちょっと脳が溶けてきている頭が、錯乱した。

「午前中でゲンティンから帰って来るの?」と聞いた。
「いや朝になって、バクチは嫌いだから行かないと言われた」と、笑っている。

こっちは自分の部屋だし、大声で笑った。
彼も大声で笑っていた。そばにいないのだろう。
しばらく二人で笑っていた。

ご指定の時間に行ったら、”ユニーク夫婦”は「遅いなあ」という雰囲気を思いっ切り漂わせていた。

”タマンデサの友人”はいうと、”ユニーク夫婦”から見えないように、首をすくめて両手を広げた。

分からないように、一生懸命真面目な顔をした。
例によって車の中は、後部座席の夫婦の会話だけが響いていた。

到着!
my7765.JPG

my7759.JPG

観光バスが来てるけど、大丈夫かな?
my7764.JPG
売り切れてたら、いったいどんな事になるんだろう?

大丈夫だった。
my7761.JPG

恐ろしいほどの量を買っていた。
さすがに写真は撮れなかった。

でも、満足そうな”ユニーク夫婦”の顔をみて安心した。

タマンデサでの別れ際にヒソヒソと聞いた。
「歓迎会というか、いつものように宴会はやらなくていいの?」

「飲めないし、集まるのは嫌いなんだってさ」と、思いっ切りバカにしたように鼻で笑っていた。
もう我慢の限界を超えているようだ。

「明日空港まで頼むな。」
涙ぐみながら、お願いされた。

こいつほんまに、大丈夫かいな。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

⇒ 「”ユニーク夫婦”は本日ご帰国 最後の食事はまたマック、切れた」に続く。

posted by kabumy at 21:29 | TrackBack(0) | KLに来るいろんな人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

”ユニーク夫婦”を連れて観光に、おかしくっておかしくって

朝メシを食べてのんびりしてたら、”タマンデサの友人”から電話があった。
昨日同様、何か緊迫感を感じた。

「昼からバトゥケイブに連れて行って欲しい」と言われた。
公共交通を使って、市内観光をしている最中のようだった。

バトゥケイブもKTMの駅の真ん前だけど、多分知らないのだろう。
神経を逆なでしても何なので、何も言わず了解した。

昼メシをKLCCで食べるから、2時にツインタワーの正面に迎えに来てくれと言われた。
KLCCでの食事には誘われなかった。

でも もしかして、私を誘わなかったのは ”タマンデサの友人”のやさしさかもしれない。
私を巻き込まないようにしているのかも。

2時ちょっと前に行ったら、もう待っていた。
”タマンデサの友人”って、こんなに早めに来る人だったっけ?

いつもは、「危ないから運転中はあまり話しかけるな」って言っても、聞かないくらいうるさいのに、昨日に続いてやっぱり無口。

確か学生時代の友人だって言ってたと思うけどなあ。

バトゥケイブ到着。
my7757.jpg
相変わらず賑わっている。

焦っていたのだろう、カメラを忘れた。
安物のスマホは写りが悪い。

じゃあ登りますか?と、”タマンデサの友人”が言った。
my7758.jpg

私は車の運転もあるから、アクセルとブレーキを踏み間違えない為にも、免除して欲しいなあと思った。

でも”タマンデサの友人”の顔を見ると、とても言い出せないと覚悟した。

”ユニーク夫婦”の旦那が言った。
「私はここで待ってますから、どうぞ皆さん行ってきて下さいよ。」

奥さんも同調した。

おかしくって、おかしくって大声出して笑い出しそうになった。
”タマンデサの友人”の顔を見たら、それどころじゃなくなった。

「いや、私は前にも登っているから」と、”タマンデサの友人”がやっとの思いで言った。

さあ、どういう反応を示すかなと、興味深かった。
ちょっと間があいてから、”ユニーク夫婦”の旦那が言った。
「そうなんですか、じゃあ帰りますか。」

またまた大笑いしたくなったけど、何とか抑えた。
ああ〜っ、この話 ”じゅんちゃん”に早くしゃべりたい。

一路タマンデサに向かって走った。
車内には後部座席からの、夫婦だけの会話が響き渡っていた。

こんなにも交わりのない場面ってあるんだ。
これまた笑いをこらえるのに必死だった。

でも”タマンデサの友人”があまりにも可哀想。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

⇒ 「”タマンデサの友人”は”ユニーク砲”を一身に受ける気のようだ」に続く。

posted by kabumy at 23:14 | TrackBack(0) | KLに来るいろんな人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする