2011年08月06日

日本語教師としてマレーシアで暮らす

KLに暮らしていても稼いでいたい。。。

今は株で何とか食いつないでいる(笑)が、日本語教師として暮らしていこうかと考えていた時もあった。

日本語教師として滞在すれば、当然こっちの方々とも交流が持てるし、ただ住んでるより生きる張り合いというか達成感が持てるし、おまけに報酬まで頂ける、と言う事で自分のストーリーにぴったりだなと思った。

日本語教師になる為に通学しようと思って、ヒューマンアカデミーの日本語教師講座の無料体験学習に参加させてもらった事もある。
無料体験学習といっても、通学されている学生さんが受けている普通の授業に出席させてもらえた。
体験学習なんてものは、普通は1回だけなんだろうが、授業が終わって他の科目の授業も受けたいとお願いすると、快くどうぞと言ってくれた。

図に乗って、6回程受けた。
授業を受けて感じたのは、通学している学生さんのみんながすごく熱かったし、そんな世界が新鮮で楽しかった。

申し込む一歩手前までいったのだが、仕事の関係で通学を断念せざるを得なくなってしまった。
その数年後、仕事を辞めてからすぐにこっちにきてしまったので、その機会は残念ながらなくなってしまった。


いまこっちに住んでる友人の中にもボランティアで日本語を教えているひともいるし、30才代でワーキングビザで滞在し日本語教師をやっている方も何人か知っている。
彼ら、彼女らの生活をみていると、しばしば羨ましくなる。

通学するためにもう一度日本に半年ほど戻るのもいいかなぁと、真剣に考えることもある。

株のトレードでも自分の考えがハマった時など達成感を感じることはままあるが、やっぱり誰かに幸せを届ける仕事はもっと楽しいだろうなと思う。

ここであと何十年も暮らすのなら、半年くらい日本に戻っても誤差範囲かなと思ってしまう。

私がお世話になったのは、ヒューマンアカデミーの銀座校だった。場所によって変わってくるかもしれないので、まずは資料をもらって確認した方がいい。

posted by kabumy at 23:38 | TrackBack(0) | 日本語教師で暮らす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする