2012年12月20日

日本のHSBCの「口座解約依頼書」を送った

随分と前から、HSBC日本撤退の案内は来ていた。
早く解約した方が、日本の体制がしっかりしてるから、スムーズに出来るだろうなとは思っていたけど。

もし驚くほどの円高にでもなったりしたら、日本から急遽送金する可能性もあるかもと思って、ぎりぎりまで残してあった。
残念ながら円安になってしまった(株には調子いいけど)。

12/28でネットバンキングも出来なくなってしまうし、それ以降は口座維持費が恐ろしくかかるようになる。
そんなで、今日「口座解約依頼書」を郵送した。

本当に残念だ。
日本からの送金に、簡単だったし、手数料も無料だしでほんとに便利に使っていた。
こっちのHSBCの円口座に送金できたのが便利だった。

ある程度の金額が円口座にたまったら、レートのいい時に窓口に行ってスペシャルレートでリンギに替えた。
街の両替屋さんとあまり変わらなかった。
むしろ、いい時もあった。

さて、これからどうやって日本からこっちの生活資金を持って来るか。
考えなくちゃいけない。

まぁ、ここ1年ちょっと暮らせる分くらいはこっちにあるから、当座はいいんだけど。


あっ!オレもだって思った方は、ここをポチッすれば、解約依頼書がダウンロードできます。

そうじゃない人は、こっち↓↓をポチッして下さい、それはそれはすごく喜ばれます。

posted by kabumy at 22:57 | TrackBack(0) | 海外送金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

今月末で日本のHSBCの支店が閉鎖 どうやって送金?

ミッドバレー近くのタマンセプテというところのコンドに住んでいる。
現金はいつもここで下ろす。

my1189.JPG
メガモールのG階のエスカレータ下にあるHSBCのATMだ。

マレーシアで開設してるHSBC口座に、リンギで預けているところから引き落とされる。
手数料とかは取られない。

では、その口座にはどういうルートで預金しているかというと。
株の利益を、証券会社の口座から日本のHSBCの円口座に、にこにこしながら移す。
    ↓
日本のHSBCの円口座から、マレーシアのHSBCの円口座に海外送金する。
    ↓
レートのいい時を虎視眈々と狙って、マレーシアのHSBCの円口座からリンギ口座に移す。
それも、ある程度の金額がまとまった時に、HSBCの支店に出向いてリンギに替える。
それの方がレートがいい。
    ↓
ATMでめでたく引き出せる。しばらくオマンマが食べられる。
こういう事になっている。

ある程度の金額を預けておくと、海外送金手数料が無料なので助かっていた。
しかししかし、残念ながら、HSBCが日本から撤退してしまう。
私の口座のある丸の内支店も今月末を持って閉店してしまう。

よくよく聞いてみると、日本橋のHSBCに引き継がれて、限定的なサービスは受けられるそうだ。
海外送金以外は使っていないので十分だ。

ただネットバンキングが年末で終わってしまうので。
そうなると何の意味もない。

ただ、私も思うに、海外送金の手数料なんて、いっときの事。
無料だろうが、多少取られようがあまり関係ない。
それより金利のいいCIMBに口座を移した方がいいのかもしれない。

あとはいかにレートのいい時を狙って、円からリンギに替えられる体制にできるかだろうなぁ。
いい時を狙ってと言っても、そうそう上手くいくはずもない。
これが出来るようだったらFXで大儲けできるね。

結論が出たらまたご報告する。

posted by kabumy at 01:16 | TrackBack(0) | 海外送金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

HSBCが日本から撤退するってことなんだろうか???

日本のHSBCにプレミア口座を持っている。
日本からマレーシアへの海外送金に使っている。
株取引の利益をHSBCの日本の口座に移して、そこからマレーシアのHSBCの口座に送金している。

プレミア口座間だと、海外送金の手数料が無料なのでそうしている。

今日、HSBC Japanからメールがきた。
「この度、全世界におけるHSBCグループならびに香港上海銀行の事業再編の一環として、たいへん残念ではございますが、私どもは、日本におけるHSBCプレミアサービスのご提供を中止することを決定しましたことをお知らせいたします。」
とある。

ということは、海外送金ができなくなってしまうってことだ。

最終営業日は、名古屋出張所は4月27日で、それ以外の広尾支店・横浜支店・赤坂支店・丸の内支店・大阪新出張所は7月31日が最終営業日とある。

日本橋HSBC(香港上海銀行東京支店)では8月1日以降も限定的なサービスを継続する予定らしいが詳細は決まってないとある。

ということは、マレーシアに持ってるHSBCのプレミア口座もあまり意味ないってことだなぁ。
定期預金なんかは、CIMBの方が金利なんかはいいし。

根本的な対応を考えなくてはいけない。

posted by kabumy at 00:53 | TrackBack(0) | 海外送金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

HSBCで日本から海外送金する時のちょっとした工夫

ロングステイマレーシア、株でひょっこり暮らすクアラルンプール。。。

春に日本に戻った時、HSBCの口座を作ってきたと書いた。
これまでは日本に年に何度か戻っていたので、その度に生活資金はポケットに入れて持ってきていた。
危ない危ないと周りは言うが、そんな目に会ったことなどない。
まあ、見るからに汚い貧乏人の老人だもんなぁ。

でも、千葉の山奥の自宅も処分したので、これからはそうそう日本に戻る事もなさそうな状況になった。
そこで海外送金無料のHSBCのプレミア口座を作ることにした。
このことは東京でやってた海外生活を支援するセミナーでやっていた。無駄だと思っても、何かと出てみるもんだ。

[PR]無料どころか、稼げるブログ。Seesaa


先週こっちのHSBCで口座を開いた。
日本のHSBCの口座に預金してあった円を、こっちのHSBCの円口座に移した。
こっちの円口座に移す事が、ミソなのである。
って自分が考えた訳じゃない。どなたかのブログにそう書いてあった。


またまた出典は失念だが、要は、、、
こっちのリンギ口座に移すと、その時のノーマルなレートで自動的に両替されて入金される。
それが、こっちの円口座に円のまま移して、(ここが大事なんだが)、、、窓口に行って(窓口って言ったって個室だけど)両替すると、スペシャルレートが適用される。

そのスペシャルレートなるものが、ノーマルレートとどれほど違うかは、いろんな条件で変わってくる。
その人の預金残高とか、両替する金額とか、貧乏そうに見えるかとか、なんだろう。

私でも1%くらいは良かった。
為替手数料の1%は大きい。

しかしインターネットバンキングでスマートに気品あふれる海外送金をして、そのあと窓口にいって交渉しないとダメってちょっと泥臭くないかい。


でも、よくよく調べたら日本のHSBCも同じ。
泥臭いのはマレーシアじゃなくて、HSBCがだった。。。


下のポチ忘れずに頼みます。今回は気合い入れて書きました(笑)。


posted by kabumy at 00:02 | TrackBack(0) | 海外送金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

MM2H用定期預金の資金をどうやって持ってくるかを考える

ロングステイマレーシア、株でちょびちょび暮らすクアラルンプール。。。

MM2Hの仮承認が下りると、いよいよマレーシアに来て定期預金を作って、健康診断を受けたり保険やらに入ったりして、本申請を出す事になる。
ここまで来てしまえばダメになることはまずない。

ここで頭を捻るのは、定期預金の資金15万リンギ(50歳以上)をどうやって持ってくるかだ。

問題なのは、基本的に仮承認が下りないと口座が開けないので、自分の口座に日本にいる間に振込んでおくということができない。(エイジェントによっては先に口座を作ってくれるところもある)

そこで、考えられる方法。
@ エイジェントにもよるが、本申請に来る前にエイジェントの受け皿用の口座に日本から振り込んでおく。
エイジェントによっては、そんなことわしゃ知らん。勝手に自分で考えてやれというところもある(どこだか知ってるが殴り込まれると困るので書けない)。
この場合は振込んだ時点で円からリンギに変わる。なのでリンギが安くなってる時を狙って振込む必要がある。

A HSBCはある基準以上の預金をすると、プレミア口座となりHSBC間の海外送金手数料がかからない。
なので、日本にいる間に日本でHSBCの口座をつくっておき必要な金額を入れておいて、本申請でこっちに来た時こっちのHSBCで口座を開き、インターネットバンキングで資金を日本からマレーシアに移動する。
実にスマートだ、気品を感じるやり方だ。

B 巷では、HSBCよりCIMBの方が定期の利率がいいと言われている。
なので、本申請に来る時に、現金で持って来て(1万円札で概ね4.5cm。すごい。怖い。やばい。)、率の良い街の両替屋でリンギに両替して(これまた危険一杯だが)、そのリンギをCIMBに持ち込んで、交渉して高金利の定期預金にする。やくざ的だが利にかなっている。

これが、いま一般的に行なわれている方法だと思う。


私の場合は、MM2H用の定期の時は、何も深く考えずエイジェントに言われるまま@でお願いした。

生活資金の移動は、これまでは年に何度か日本に戻っていたので、もっぱらBの現金運搬だった。そんなに多額ではなかったし。
しかし、今度の帰国の際に自宅も処分したことだし、次回はいつ日本に戻るとも分からない状況になったので、日本にHSBCの口座を作ってきた。これでこれからはネットで自由に株の利益をこっちに移せるようになった。


なので、どんどん稼がなければならない。。。

posted by kabumy at 21:08 | TrackBack(0) | 海外送金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする