2012年01月19日

会社員時代の先輩がMM2Hを取りにやってくる。

会社員時代に、随分とお世話になった先輩がいる。
去年、ご夫婦で1週間の下見ツアーで、KLに滞在された。

住むに際して必要なところの最小限はご案内したが、あとは自分で出来なきゃ仕方がないと言われ、ほとんどはお二人だけであちこち見て回られた。

退職してしまうと収入の基準をクリアーするのが難しくなりますよとお伝えしたら、日本に戻ってしばらくして、MM2Hの申請をするからと連絡を頂いた。

1月の末でいよいよ退職される。
定年から、2年間延長で働いたとのこと。

MM2Hは、上手くいけば2月の中旬から下旬にかけて、仮承認が下りるらしい。
エイジェントから、そう言われているとのこと。

1月末に退職して、2月6日から3月末までの約2ヶ月間をクアラルンプールに滞在される予定だ。
まあ、その間に仮承認が下りなかったら、また夏に来る時に手続きするから気にしないと仰っている。

当分の間は、日本の気候の厳しい冬と夏はマレーシアで、春と秋は日本滞在の予定でいるそうだ。
一番贅沢なパターンだと思う。

この2ヶ月の間、滞在するところは、私の部屋のオーナーに聞いたら、オーナーの友人が持ってる部屋がちょうど空いているので、2ヶ月だけ貸してもらう事ができた。
但し長期のお客が見つかったら、すぐに出て行く事という条件付きだ。

まあ、多分決まらない。もし決まったら、私の部屋を使ってもらえばいい。
クアラルンプールは、短期の滞在先にほんとに困る。

ブログを書こうかなと仰っている。
もし実現したらご紹介するので、よろしくお願いします。
posted by kabumy at 20:29 | TrackBack(0) | MM2H | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

3ヶ月以上海外に滞在する時には在留届を出さなきゃ

3ヶ月以上外国に滞在する場合は「在留届」なるものを提出しなければならない。

企業に勤めている駐在さんなどは、会社の方でいろいろ面倒みてくれるし、注意もしてくれるけど、MM2Hで滞在しているひとは、意外と忘れている人がいる。

エイジェントが面倒みてくれるものでもないし、注意してくれるものでもない。

特段の罰則がある訳じゃないけど、これを出していないと、何かあった時にも国の方から連絡がこない。
大使館や総領事館は、大災害や事件、事故のとき、この届をもとに住んでる人の所在地や緊急連絡先を確認して、安否確認をしたり留守宅への連絡を取る。

そんな訳で簡単に出せるものなので、出しておいたほういい。(いや出さなきゃダメだった。義務だった。)
出すのは、FAXでも郵送でもいい。
インターネットからでもできる。

外務省のサイトにリンクしておく。

インターネットでの提出はこちら。

お忘れなきように。
posted by kabumy at 17:46 | TrackBack(0) | MM2H | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

阪本さんの「ご褒美人生マレーシア」の改訂版が発売していた

阪本恭彦さんの『ご褒美人生マレーシア』の改訂版が発売になっていた。
ご飯を食べがてらエイジェントのところに遊びに行って知った。



こっちに来ている人は全員が知っているというほどの、マレーシア定住のバイブル的な本。
2006年に出版されたものを全面的に見直し、加筆され、今月に入って出版された。
マレーシアが日本人にとって暮らしたい国No1になったのも、この阪本さんの功績と言っても過言ではない。

ボランティアとして、今でも週に一度日本人会でマレーシア暮らしの説明会を行なってらっしゃる。
それに年に1,2度マレーシアの観光省の依頼で日本各地をMM2Hの説明に廻られている。

この説明会を聞いて、一度もクアラルンプールに来た事もないのに、MM2Hのビザを取られる方もいると聞いた。私はそれは止めた方がいいと思うが。

私は4年ほど前にこっちに住み始めてから、この本と阪本さんの存在を知った。
クアラルンプールを始め、ペナン、バンコク、チェンマイ、ケアンズ、ゴールドコーストなどなどいろいろと巡って、今のこの地に決めたが、この本を知っていたら、無駄なまわり道はしないで済んでいたかもしれないとマジ思う。

一度ご覧になる事をお薦めする。
posted by kabumy at 13:08 | TrackBack(0) | MM2H | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

マレーシアでの暮らしが、またテレビ放送されたって。

昨日の夜から突然、日本からのメールが異常に増えた。

テレビでまたマレーシアでの生活の放送があったと言っていた。
こういう放送があると、親類縁者、友人、知り合い、知らない人、等々いろんな人からのメールがどっと増える。

年金で暮らせるって本当か? そんな上手い話はないだろう。 みんな楽しそうにしてたけど、本当に楽しいのか? いったい毎日何やってんだ? ヒマじゃないのか? 

いま日本に住んでて、豊かに、楽しく暮らしていて、いろいろやる事があって、充実してるならそのままやってればいいんじゃないの。
マレーシアの放送がある度に、いちいち過剰反応しなくたっていいんじゃないの。って思う。


年金で暮らせるか? ってよく聞かれるけど。
そんなものわからん!
自分の年金額も言わないで、こっちにきて何をしたいのかも決まってなくて、、、そんなこと聞かれても、わしゃ知らん。

基本的な生活をするだけなら、こっちは安い。
日本人と付き合うほどに高くなる。
日本食を食べるほどに高くなる。
お酒を飲むほどに高くなる。
日本のテレビを観たくなると高くなる。
ゴルフをやると高くなる。
周辺への小旅行なんぞを楽しむと高くなる。
しょっちゅう日本に戻ると高くなる。

マレーシア情報ランキング

そんなこと日本に住んでいたって同じことなんじゃないの。
しょっちゅう旅行に行ってりゃ、高くつくし。
旨いもの喰ってりゃ高くつくし。


当たり前の事なのに、どうして外国暮らしとかの話になると、常識が消えちゃうんだろう。

たくさんのメールにお答えしながら、本当に不思議に思った。
みんな、私以上に超常識的な人なのに。


最近は、短期でもいいから一回見に来れば・・・って答えることにしている。
そういう人に限って、ほとんど来る人はいない。。。
posted by kabumy at 22:45 | TrackBack(0) | MM2H | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

年間通して定住するか、季節的に合わせて渡り鳥するか

MM2Hを取っても、何もこっちにずっといる必要はない。
日本の気候の厳しい冬の間だけとか夏の間だけこっちにいてもいいし、極端なはなし全然来なくても失効するようなことはない。

みていると、みなさん結構ちょくちょく日本に帰っている。
ちょっと2週間位とか1ヶ月くらいとか帰ってくるという人が多い。
この前は、3泊4日で帰ってきたという人もいた。

やはり定住型の人と、渡り鳥型の人に分かれる。
私も最初の頃は、夏と冬の間だけきていた。
そのうち段々こっちでの生活がメインになってきて、付き合いも増えて、日本に帰るのが億劫になってきた。
そうなると、日本に戻ってもすることがなくなってきて、いまはほとんど戻ることはない。
それでも今年の春までは年に1回は戻っていたけど、この前の震災で持ってることのリスクを強く感じて自宅を売り払ってしまったのでこれからはどれほど戻ることになるか自分でもよく分からない。



結局は、子供とか孫とか、親類縁者等々、日本にどれほど繋がりを持っているかによるんだと思う。

こっちにきたはいいけど半年くらいで食べるものとかが嫌になって、日本に帰るかどうかうつうつしている人をよくみかける。
日本を捨てて決死の覚悟で移住してくるというより、最初は別荘を持つくらいのもっと軽い気持ちでくればいいのにって思う。
posted by kabumy at 09:44 | TrackBack(0) | MM2H | 更新情報をチェックする