2021年08月14日

じわじわと市中感染が忍び寄って来ているのは間違いない

日本もなかなかのものだけど、マレーシアも相変わらず減る気配もない。
今日も2万人越えの、20,670人。

ペラ州も安穏としていられない。
とうとう1,000人越えの1,003人。

mz0341.jpg

レッドゾーンの地区がどんどん増えている。
mz0342.jpg

たった2ヶ月前の状況との違いに恐ろしくなってくる。
mz0343.jpg

ペラ州の中でも一番の地区は我が町イポーが属するキンタKINTA。
何と!292人!

292人の内訳を見てみると。
a)キンタ地区(292件)
既存のクラスターのフェアパーク建設現場クラスターから21件。これまでの総件数は141件。
既存のクラスターのフラグウォールクラスター2から1件。総件数は132件。
密接接触スクリーニングの22例。
症候性スクリーニングからの247例。
海外から1例。



292件のうち85%が症状からの発覚。
数ヶ月前のほぼクラスターからだったのが、確実に市中感染に変わってきている。

このゴルフリゾートはまだ安心だと思っているけど。
そうでなくなるのは時間の問題かもしれない。

周囲にはじわじわと市中感染が忍び寄って来ているのは間違いない。

ブログランキング応援クリックよろしくお願いしますにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ





posted by kabumy at 23:29 | 日々の暮らし | 更新情報をチェックする