2018年11月21日

日本は四季があっていいと言うけど、老人には一年中変わらない気候が楽だ。

”じゅんちゃん”は、よっぽどヒマになったみたいだ。
今日も昼からやってきて、ついさっき帰って行った。

泊まって行く勢いだったけど。
マレーシアならどこで寝ても大丈夫だけど、今の日本じゃ寒くて死ぬわい。

追い出すようにして、やっと帰って行った。
非情のように思うだろうけど、彼の健康を考えれば結局は正解だと思う。

ワンルームのウィークリーマンションじゃ無理だわ。
まあ一つの布団に抱き合って寝れば泊まれないことはないけど。
それは、ちょっとなあ。

日本の四季って、結構老人にとっては厳しいのかも。
春と秋はいいけど、それ以外は老人にとっては死ぬか生きるかかもしれない。

マレーシアに行くまでは四季が当たり前だったけど。
一年中変わりない気温のマレーシアに暮らすと、やっぱ楽だわ。

”じゅんちゃん”はストレスが溜まっていたのかもしれない。
やっと解放された気分なんだろう。

思いっ切りのスピードで飲んでいた。
そして訳の分からないことを言い始めた。

「一緒に”タマンデサの友人”達が暮らしているイポーに一緒に行こう。」
まあここまでは何度も聞いていることだ。

「単身同士で大きめの部屋を借りて一緒に暮らそう。」としつこく言う。

”じゅんちゃん”と私で一緒に暮らそうというのだろうか?
”じゅんちゃん”ママは、来ないという事なのだろうか?

謎は深まるばかりだ。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ


posted by kabumy at 01:51 | ただいま日本に滞在中 | 更新情報をチェックする