2018年04月25日

宿のオヤジに薦められた通り夜の寺院巡りに出かけた、感動した。

滞在先のオヤジから薦められた。

「イスルムニヤ精舎」は昼間行ってもいいけど。
「スリーマハー菩提樹」と「ルワンウェリ・サーヤ大塔」は夜暗くなってから行った方がいいと言う。

良ければ車で送って行くと言ってくれた。
最近海外で親切にされると、どうも疑心暗鬼になってしまう。

でも小さな決心をして、お願いした。

約束した6時に玄関で待った。
スリランカの6時はだんだん暗くなる時間だ。
マレーシアのように7時になっても明るいなんてことはない。

約束通り車で送ってくれた。
着いてから、回るルートも丁寧に教えてくれた。

まずは「菩提樹」。
紀元前3世紀にインドのアショーカ王の王女がブッダガヤの菩提樹の分木をここに運び、当時の王が植樹したものだと言われている。

my9112.jpg
すっかり日も暮れてきて、菩提樹もライトアップされている。

驚いた。
観光客はほとんどいない。

白装束を身にまとった敬虔な参拝者ばかりだ。
白い服を着てきて正解だった。

参拝者の方が我々にお供えする花や果物を分けてくれる。
生まれてこの方宗教心を持ったこともないのに、実に申し訳なくなってくる。

あちこちでみんな真剣に手を合わせている。
my9115.jpg

my9114.jpg

my9113.jpg

私も日本に戻ると、まず浅草寺にお参りに行く。
今回も無事日本に戻って来れましたとご報告に行く。

でもこの姿をみると、そうじゃないんだなあと心底思った。
と同時に、こんな時間に観光に来ちゃいけないなとも思った。

ましてやカメラで撮るなんて。
いくらブロガーの悲しい性だとはいえ。

続いて向かったのは、「ルワンウェリ・サーヤ大塔」。
教えてもらった通りに行くと、「菩提樹」からは整備された道が続いている。

my9116.jpg

街灯に照らされた道は実に神秘的だ。
参拝の時はみんな裸足だ。

当然我々も裸足になった。
いくら宗教心がなくてもここで靴ははけない。

やがて「ルワンウェリ・サーヤ大塔」が見えてくる。
my9117.jpg

これまたライトアップされていて、言い表せないような美しさだ。
ここにもたくさんの白装束をまとった参拝者が大勢いる。

my9118.jpg

my9119.jpg

写真など撮ってる輩は1人もいない。

次の日の朝、旅立つ時に宿のオヤジにお礼を言った。
あの時間に行って本当に良かったと。
連れて行ってくれてありがとうございましたと。

固い握手をして別れた。
疑心暗鬼になった自分が恥ずかしかった。

もう少し信じる事も大事なのかもしれない。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ


posted by kabumy at 00:48 | スリランカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする