2017年07月16日

どこの料亭の煮魚かと思うような出来栄えだった

昨日とは打って変わっていい天気だ。
変に曲がった根性なんて出さずに、昨日タマンデサに行かなければ良かった。

2日続けて行くのも何だしと思っていたら。
”じゅんちゃん”から電話があった。

「夕方遊びに行っていいか?」だった。
朝から、夕方に遊びに行くという電話がある時は、飲みに行くからアテを用意しておけという事だ。

冷蔵庫を探索したら、この前NSKで買った「ヒラメらしき魚」が冷凍庫に眠ってた。

NSK、最後の1匹だった。
my8430.JPG
売れ残りだろうと言われてしまえば、それまでだが。

30リンギ以上したから、1.5s以上はある。
寂しい独り暮らしには、とても一度には食べられない。
4切れに切り刻んでおいた。

「平目らしき魚」って言えば、どう考えたって「煮」だろう。
my8431.JPG
大正解。

自画自賛!どこの料亭のツマミかと思った。
淡白な身とちょっと濃い目のタレのコラボがこの上なく旨い!
(言い過ぎなのは十分承知している)

”じゅんちゃん”も、とても感動していた。
どこかで必ずお返しをすると言う。

秋に帰った時に、日本で鰻を食わしてくれ!⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ






posted by kabumy at 23:14 | TrackBack(0) | 日々の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック