2017年01月05日

”ユニーク夫婦”は昨日帰った、お疲れさん会を開催した

夕方から「”タマンデサの友人”を励ます会」を開催した。

発起人代表は、私。
発起人副代表は、”じゅんちゃん”。

出席者は、”じゅんちゃん”奥さんを入れて4人だ。
”きーちゃん”はゴルフに忙しくて、それどころじゃないらしい。

場所は”ホーカーズ”か、”持込OKの中華の個室”がいいんじゃないのと、ご提案申し上げたけどあえなく却下。
”タマンデサの友人”の部屋でやることになった。

私が引き籠りがちなのは昔からの事で、完全に病気の範疇だけど。
”タマンデサの友人”も”じゅんちゃん”も、最近は軽く発症してきてない?

ここで私は、ない脳みそをフル回転させた。
車でタマンデサに行っては、もう絶対に帰れない。

泊まらせてもらうのはありがたいけど、そのあと使ったベッドのシーツやタオルケットやバスタオルなんぞを洗濯するのは意外と大変。

なので、今度引っ越す”ミッドバレーのコンド”に車で行って、そこからバスで行く事にした。
泊まるための日用品や、飲み物だけは積んで。

一応ツマミも持って行った。
このメンバーで集まると私の役目になる。
みんな飲むのに忙しい。

相変わらずのメニューだけど、、、
my7773.JPG

my7772.JPG
材料を持って行って、”タマンデサの友人”のキッチンで作った。

意外と好評。
まあ、味音痴ばかりだけどね。

いやあ、今日は盛り上がった。
いつも盛り上がるけど、ちょっと異様なくらいだった。
いやあ、こういう宴会って楽しい。
ほんの少しだけど飲めるようになって、違う世界を知った気がする。

”じゅんちゃん”も、朝食に一度付き合ったんだって。
ロティチャナイを食べに行った。

出てきたロティチャナイを見て、「いやぁ これは無理だな」と言って、手を付けなかったそうだ。

奥さんはいつもの通り、旦那に同調。
「私もちょっと無理ですぅ。」
食べて言うならまだ分かるけど、見ただけでぇ!

この話で、一同爆笑。
30分は笑い声が響き渡っていた。

「で、どうしたの?」

近所のパン屋さんで、アンパンを買って帰って食べた。
「こんな美味しいアンパンは食べたことがない」と、お世辞しまくっていたそうだ。
まあ、アンパンを褒められてもねえ。

彼らはずっと”タマンデサの友人”のところに泊まっていた。
ホテルを紹介したけど、ローカル的なところに是非泊まりたいと言われたそうだ。
後で考えたら宿泊費が惜しかったのかもね。

結局、滞在中の食事は全部、”タマンデサの友人”が払ったそうだ。
外食も含めて。

「学生時代の友人じゃなかったの?」
勤めていた頃の、先輩だったそうだ。

「働いている頃は、あんな人じゃなかったんだけどねえ。」
後輩思いの面倒見のいい先輩だったんだけど・・・。

退職して、お金にシビアになったのか。
それとも、46時中一緒にいる、奥さんの性格が移ったのか。

”タマンデサの友人”が涙ぐんで言う。
みんなには迷惑をかけて申し訳なかったと。

最近こいつは、よく涙ぐむ。
ちょっと精神が危ないか、演技が上手くなったのか。

”じゅんちゃん”と私が、口を揃えて言った。
「いやいや、とてもユニークで楽しかったよ。」

”タマンデサの友人”が言った。
「じゃあまた来るって言ったら、また付き合ってくれる?」⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

⇒ 「あの”ユニーク夫婦”の奥様だけがお友達を連れてやってくる」に続く。






posted by kabumy at 23:06 | TrackBack(0) | KLに来るいろんな人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック