2017年01月03日

”タマンデサの友人”は”ユニーク砲”を一身に受ける気のようだ

”ユニーク夫婦”御一行様は、今日はゲンティンハイランド。

昨日別れ際に、車で行こうかと申し出たけど、バスで行くからいいよと言われた。
”タマンデサの友人”は、自分だけで”ユニーク砲”を一身に受ける気のようだ。

荘厳な武士の姿と重なるものを感じた。
ちょっと買いかぶり過ぎか?

そんじゃまあと、ゆっくりさせて頂いた。

10時のおやつに、、、
my7763.JPG
「エッグタルト」だい。

幸せ〜!
この世の幸せを独り占めしてたら、スマホが鳴った。

画面に ”タマンデサの友人”の名前が出てる。
何だろ? ゲンティンからわざわざ電話してくるなんて。

「もしもし・・・。」

「悪いけどさあ、昼からチョコレート工場に行ってくれる?」と言う。
ちょっと脳が溶けてきている頭が、錯乱した。

「午前中でゲンティンから帰って来るの?」と聞いた。
「いや朝になって、バクチは嫌いだから行かないと言われた」と、笑っている。

こっちは自分の部屋だし、大声で笑った。
彼も大声で笑っていた。そばにいないのだろう。
しばらく二人で笑っていた。

ご指定の時間に行ったら、”ユニーク夫婦”は「遅いなあ」という雰囲気を思いっ切り漂わせていた。

”タマンデサの友人”はいうと、”ユニーク夫婦”から見えないように、首をすくめて両手を広げた。

分からないように、一生懸命真面目な顔をした。
例によって車の中は、後部座席の夫婦の会話だけが響いていた。

到着!
my7765.JPG

my7759.JPG

観光バスが来てるけど、大丈夫かな?
my7764.JPG
売り切れてたら、いったいどんな事になるんだろう?

大丈夫だった。
my7761.JPG

恐ろしいほどの量を買っていた。
さすがに写真は撮れなかった。

でも、満足そうな”ユニーク夫婦”の顔をみて安心した。

タマンデサでの別れ際にヒソヒソと聞いた。
「歓迎会というか、いつものように宴会はやらなくていいの?」

「飲めないし、集まるのは嫌いなんだってさ」と、思いっ切りバカにしたように鼻で笑っていた。
もう我慢の限界を超えているようだ。

「明日空港まで頼むな。」
涙ぐみながら、お願いされた。

こいつほんまに、大丈夫かいな。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

⇒ 「”ユニーク夫婦”は本日ご帰国 最後の食事はまたマック、切れた」に続く。






posted by kabumy at 21:29 | TrackBack(0) | KLに来るいろんな人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック