2016年08月03日

もしかしたら、同じ夢を見る方法が確立されてるかもしれない。

恐ろしい夢を見た話を書いていたら、ブログ村のランキングが落ちた。
ブログ村のランキング


「悪夢だ。」
なんて、洒落てる場合じゃない。


是非とも、もう一度見たくなった。
怖いもの見たさというのだろうか。

あの臨場感は、映画で観るのとは、全然比べものにならないくらい迫力がある。
そりゃそうだ、自分が主役で、その場面の中心にいるんだから。

もしかしたら、同じ夢を見る方法が、世間では確立されてるかもしれない。
早速ネットで調べた、、、あった。

何度でも何度でもみたい夢の続きが見られる5つの方法
抜粋だけ書く。
1、寝る前に紙とペンを用意する。
2、目が覚めたときに見た夢をすべて書き出す。
3、書くことが思い出せなくなったら寝る
4、目をつむり「さっきまでの夢」を思い出す。
5、3から4を繰り返す。

ここまので1から5までの方法をやってもらえれば
あなたは夢の続きがみてるようになります。

さらに、この方法なら、
昨日みた夢の続きを今日もみることができます。

「2.」までは、出来ている。
見た夢の全てをブログに書いてあるし。
その光景も、鮮明に覚えている。

あとは、その夢を、しっかりと思い出しながら寝れば、見れるみたいだ。

しかし、しっかり思い出そうとすればするほど。
興奮して眠れない。

ベッドに入って、4時間くらい経っただろうか、ようやく寝付いた。
やっと寝たら、今度は爆睡した。

目が覚めたら、すっかり朝だった。
夢?見た記憶はない。

それに、朝起きて覚えている夢って、起きる間際に見た夢じゃないのだろうか。
寝る時にいくら呪文を唱えても無理な気もするけど。

今晩もう一度だけ、やってみよう。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ


posted by kabumy at 19:18 | TrackBack(0) | 日々の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック