2016年08月02日

こんなにも恐ろしいくらい迫力のある夢を見たのはいったい何故?

久し振りにダイナミックな夢を見た。
何てったって、目が覚めた後も、感動で震えていたくらいだ。

インディペンデンスデイか、スターウォーズに匹敵するくらいのダイナミックさだった。

真っ暗な夜空に、チカチカと点滅する飛行物体。
それもおびただしい数が、縦横無尽に飛んでいる。

ジェットの轟音もしないのはもちろん、音らしい音もない。
し〜んとした夜空に、「ヒュンヒュン」といった、電子音がするだけ。

皆、呆然とした顔つきで、隠れながら空を眺めている。
飛行体から、一筋の光の帯が照らされる。

何かを探しているようだ。
そのうちの一機が、す〜っと下りてきて、目前を漂っている。

見つかったら、多分一巻の終わりだ。
息を潜めて、じっと動かずにいる。

口の中に溜まった唾も飲めないまま、寝汗びっしょりで目が覚めた。
一瞬、自分がどこで何をしてるのか、分からなかった。

ああ、助かったんだと思ったら。
涙が出そうになった。

総天然色も久し振り。
こんな緊迫感のある夢なんて、何年ぶりだろう。

最近は、試験の答案を埋められず、固まっていたり。
また日本で仕事を始めていて、どうする事もできずに呆然としていたり。
そんな、しょぼい夢ばかりだった。

寝る前に、そんな映像を見た覚えもないし。
そんな壮大な事を、考えもしなかった。

いったい、何がそうさせたのだろう。
続きを見てみたい気もするし。

戻って来れなかったら怖いし。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ



posted by kabumy at 21:28 | TrackBack(0) | 日々の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック