2016年01月06日

こんな時ほんとにマレーシアが嫌になる

ホテルの予約サイト「agoda」からメールが来た。
「カード会社から支払いを拒否されたので、決済できません。」

「ん?」なんだこれは?
予約番号が乗っていたので、agodaのサイトから調べた。

今月末に、8人で行く旅行の時のホテルの予約だ。
こりゃまずい。

8人分の予約を、代表して取っている。
支払いがちゃんと完了しないと、キャンセルされてしまう。
キャンセルされると、袋叩きに合う。
絶対にまずい。

リンギ建ての方が集金しやすいので、CIMBのカードで、リンギ払いで入力しておいた。
いよいよ決済日がきたので、決済しようとしたら拒否されたらしい。

残高がないのかも???
こっちは定期の利率がいいので、入金した分はすぐに定期にしてしまう。
そして毎月使う分だけを、普通口座に移している。
だから、ちょっとうっかりすると、使える現金がなくなってしまう時がある。

慌てて確認した。
何だ、ちゃんと残高はあるじゃないの。

CIMBに、電話をした。
さっぱり要領を得ない。

残高はあるのに決済されない、その理由を聞きたいだけなのに。
自分が分からなければ、確認して電話するといえばいいのに。

その場を取り繕おうとするから、さっぱり分からない。
頼むから、もう少し話の分かるヤツに、電話を変わってくれ。
こりゃ電話じゃ無理だ。

ホテルがキャンセルされたら、超まずいので。
「agoda」には、他のカード番号を連絡しておいた。

時間が経つとますます分からなくなるので、CIMBに行ってみることにする。
きっと長い戦いが始めるのだろう。

こんな時、ほんとにマレーシアが嫌になる。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ


posted by kabumy at 11:43 | TrackBack(0) | 困った話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック