2015年04月01日

髪の毛が、もう修復不能の状態になってしまった

もう何年も床屋に行ってない。
「床屋じゃなくて、美容院だよ」って、オチでもない。

自分で切ってる。
日本から持ってきた”すきバサミ”で切る。

スキ率が低いというのか、あまり一度に切れないのを使っている。
これだと、バッサリと切れてしまって、揃う危険が少ない。

マレーシアには床屋がないの?
そんな事はない。

困らないくらい、いくらでもある。
近所のショッピングセンターの「メガモール」なんかには。
セレブ御用達に高級美容院だってある。

メンズだってOKだ。
いくらするのかは、知らない。

みんなは、10リンギ(350円)のところに行く人もいるし。
60リンギ(2,100円)くらいのところに行く人もいる。

マレーシアに来て、最初の頃は、私だって床屋に行ってた。
でも、なかなか思った風に切ってくれない。

写真を持って行って、こんな風に切ってくれ、と言った事もあった。
それでも、そうはならない。

その内に、自分で切った方が早いんじゃないか、と思い始めた。
最初の頃は、カミソリでレザーカットしてた。

難しい。
それで日本に帰った時に、プロ仕様のすきバサミを買って来た。
最高に、調子がいい。


でも今日、失敗した。
どうして失敗したのか、その原因は分からない。

初めて言われた。
どしたの?

え?
何か、変だよ、後ろ。

どうも、左右が段違い平行棒のようだ。
もう、達人の域に達していると、思っていたけど。

ウチに帰ってきて、揃えようとしたら。
どんどん短くなっていった。

もう修復不能だ。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ


posted by kabumy at 22:05 | TrackBack(0) | 日々の暮らし | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック