2015年02月10日

「断捨離」って、考えれば考えるほど奥が深い

このブログ、昨日から、にほんブログ村の「シンプルライフ」というカテゴリーの、仲間に入れてもらった。
ほんとに激戦区だわ、ここ。

これまでマレーシア、タイ、シンガポールといった「海外ブログ」専門に徘徊してきたので、このカテゴリーの話題が凄く新鮮。
好奇心が、メラメラと湧いてくる。

「断捨離」っていう、キーワードが頻出する。
「マレーシア暮らし」に取り入れられないか、と思って調べた。

困った時の「Wikipedia」だ。
一部引用する。
基本的にはヨーガの行法、「断行(だんぎょう)」、「捨行(しゃぎょう)」、「離行(りぎょう)」という考え方を応用して、人生や日常生活に不要なモノを断つ、また捨てることで、モノへの執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れようという考え方、生き方、処世術である。
単なる「片づけ」や「整理整頓」とは一線を引くという。
断=入ってくる要らない物を断つ
捨=家にずっとある要らない物を捨てる
離=物への執着から離れる
やましたひでこの著書が発表されて話題になり、この考え方が人々に広く知られるようになった。

そうか、ヨーガの行法の応用なのか。
まさか、そこに話が行くとは思わなかった。

「単なる「片づけ」や「整理整頓」とは一線を引くという。」
う〜ん、もっと精神的なものなのかな?

でも、昨日も書いたように、私の部屋には捨てるものが、ほとんどない。
あるとすれば、自分自身。

そうか、そういう哲学的な話なのかも。
それからすると、まだ、捨てられるものがあった。
108つの煩悩。。。

でも、それ捨てると。
株トレード、出来なくなっちゃうかも。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ


posted by kabumy at 18:18 | TrackBack(0) | 日々の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック