2014年09月11日

クアラルンプール最古のモスク「マスジッドジャメ」

ムルデカスクエア周辺観光案内
マスジッド・ジャメ Masjid Jamek

クアラルンプール(マレー語で「泥が合流する場所」の意味)の名前の由来となる、クラン川とゴンバック川の合流点に建っている。
クアラルンプールの街は、ここから発展していった。
my4353.JPG

マスジッド・ジャメは、クアラルンプール市内、最古のイスラム寺院。
1909年にイギリス人のHubbockによって建設された。

いまでは、シャーラムのブルーモスク、プトラジャヤのピンクモスクに規模は負けているけど、その美しさは引けを取らない。

観光的には、とても行きやすいところにある。
口コミサイトに良く書かれている質問。

入口が分からなくて入れなかった。
LRTのマスジッド・ジャメ駅(Masjid Jamek)の階段を降りるとすぐ脇にある。
my4360.JPG

my4356.JPG
多分、いつもこうして門を閉めているので、どこから入っていいのか分からないのだろう。
一番左の門のところに行くと開けてくれる。

地図で見るとここが入口。
Jalan Tun Perakに面している。
my4349.jpg

my4348.jpg

入れる時間が分からず、入れなかった
今現在は、ここに書かれている通り、
金曜日以外は、9:00-12:30、14:30-16:00。
金曜日は、現在、一日中クローズ。
my4361.JPG
但し、15分前には、入れなくなってしまうので、注意が必要。
また、ハリラヤの1週間程度とか、行事が入っている時には、信者以外は入れない。

この前、ムスリムだと言い張っていた外人がいたけど、止めた方がいい。
一般人に公開中の時は、一番左の扉を開けてくれる。
my4359.JPG
閉まっていても、ひるまず近寄っていけば、開けてくれる。
ここは、ブルーモスク、ピンクモスクに比べると、どうも閉鎖的でイヤだ。

どんな格好をしていけばいいのか
女性は、こういうガウンを貸してくれる。
my4358.JPG
髪の毛は、男を惑わすので、見せちゃいけないのだそうだ。
まあ、惑わせられるような女性も、なかなかいないけどね。

男は?
私は、いつもは長ズボン穿いて、ポロシャツを着て、靴を履いて行くけど。
この前は、Tシャツ、短パン、サンダルで行ったけど、何も言われなかった。でも、リスクはある。

入れたら、こんな感じのところを、どんどん入っていく。
my4357.JPG

でも別に、入れなかったと言って、それほど悲観するものでもない。
外から、十分楽しめる。
my4351.JPG

外からの方が、良く分かるくらいだ。
my4352.JPG

右の川が「クラン川」、左の川が「ゴンバック川」。
ここがまさに「泥の合流するところ」、クアラKuala ルンプールLumpurだ。
my4354.JPG

これから、護岸を整備してこんな風になるらしい。
my4355.JPG
ほんとかな?


何度もめげてた、クアラルンプール最古のモスク、「マスジット・ジャメ」の観光案内。

3日目にして、ようやく完成ヽ(^o^)丿 ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
posted by kabumy at 18:13 | TrackBack(0) | ムルデカスクエア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック