2013年12月20日

ミッドバレーのバス停に、電光掲示板が付いていた

クアラルンプールは、都会の割には、公共交通が不便だ。
モノレールや、LRT・KTMといった電車があるけど、他の都市のように、網の目のように網羅されている訳ではない。

市内の中心地以外は、電車で行って、その後は歩きと言うのは、ほとんど不可能。
その為に、車がないと、タクシー・バスを使う機会が多くなる。
それなのに、このバスが、またとても不便。

どこを走っているのか、知らない人しか分からないし、いつ来るのかに至っては見当がつかない。
バス停には、路線図がある訳でもないし、時刻表なんかは最初から存在しない。

と、以前にブツブツと書いた。
ところが、さっきミッドバレーの、タマンデサに行く方面のバス停を通り掛かったら、驚いた。

この写真中央の赤い屋根が、ミッドバレーのバス停。
my3265.JPG

何か赤く光るものが見えたので、見に行ってみたら。
my3266.JPG
なんと、「何番のどこそこ行きのバスが、あと何分で来ます。」という案内の電光掲示板が設置されていた。
画期的な進歩だ。

あと、もう1歩だ。
路線図を貼ってくれ!
どこを走って行くのかが分かれば、とても使えるバスになる。

でも、他のバス停では、どうなっているのだろう。
まだまだなんだろう。⇒



posted by kabumy at 20:07 | TrackBack(0) | バス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック