2013年10月02日

延長コードが突然火を噴いて白い煙が 今一度点検を

延長コードと呼ぶんだったか、延長コンセントだったか?
これだけど、
my2930.JPG
いきなり、白い煙が立ちのぼった。

驚いた!
何事が起きたのかと思った。

キッチンで使っている延長コードからで、たまたま、そばにいたから良かったけど。
もしいなかったら、どうなっていたか。

この辺りから、吹き出していた。
my2931.JPG

この前の、感電の事故の話もあるし。
慌てて、コンセントから外した。

ひと通り、晩メシの準備も終わったので、分解してみた。
my2933.JPG
ご覧の通り、煙が出た部分は、真っ黒に炭化していた。

配線の1本が、断線していた。
熱を持ったのだろう、プラスティックのカバー部分が変形していた。

多分、使い過ぎかなと思って、裏の仕様を見たら、
my2932.JPG
最大で「13アンペア」と書いてあった。

思ったより少ない。
そんなもんなのかな。

キッチンで使っていて、延長コードには4つもコンセントが付いていたので。
炊飯器、電子レンジ、電気ポット、ミキサーのプラグが挿してあった。
ふたつくらい使ったら、13アンペアくらいいっちゃいそうだ。

一度に全部を使う事はないけど、ふたつ位は良く使いそうだ。
ご飯を炊きながら、電子レンジなんて、よくありそう。

でも、使い過ぎなら、ブレーカーが落ちそうなもんだけど?
確認したら、16Aのブレーカーが付いていた。

ブレーカーが落ちるより先に、コンセントが火を噴くように、なっていた。
きれいに、整然と挿してあったので、タコ足配線に見えなかったけど。

完璧に、使える限度を超えていた。
早速新しいのを買ってきて、一度にひとつしか使わないようにしよう。

皆さんのお宅は、どうですか?
どこのスーパーでも売っている、この延長コード。
便利に使っていませんか?

今一度、点検をしてみたほうが。


posted by kabumy at 20:43 | TrackBack(0) | マレーシアの電気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック