2013年07月24日

タクシーは道を知っているは マレーシアでは都市伝説

日本のタクシーは素晴らしいと思う。
この前一時帰国した時、改めてそう思った。

目印になりそうな建物を伝えれば、ほぼ知ってるし。
友人の家みたいな、何の変哲もないようなところだと、カーナビに入れて向かって行く。

そんな気持ちで、マレーシアのタクシーに乗ると、大変な目に合う。
行って欲しい場所を知らないなら、分からないからと言って乗車拒否して欲しいくらいだ。

観光的に有名処だと、まず大丈夫だ。
さすがに知っている。

あと「通り名」で言うと案外分かる。
Jalan XXと、Jalan YYの交差点付近とか。
意外と小さな通り名まで知ってる運転手さんが多い。

一番困るのが、住宅地の中にある、有名でもないお店に行く時。
わざわざ地図をコピーして、その行きたい場所に○を付けて渡しても。
ちゃんとたどり着く事が少ない。

地図を見せるのが、一番間違いないと思うけど、これが意外とダメ。
途中で、どこかに電話して聞いていたかと思うと、降りてその辺の人に聞いている。

最後は一緒になって探す羽目になることも良くある話。



posted by kabumy at 19:57 | TrackBack(0) | タクシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック