2013年07月14日

一年中が夏のマレーシアでは 衣類の費用に心配がない

マレーシアに住んでると、基本的なものの費用は安い。
気候の関係もあって、衣食住のうち、衣類に掛かる費用はほとんどない。

一年中が夏なので、ずっと同じ格好でいいのが助かる。
この一年で買ったのは、Tシャツ2枚、麺の半ズボン2枚、下着のパンツ4枚だけだ。

それも日本に戻った時に、Tシャツは、ユニクロ。
麺の半ズボンは、近所の安売り洋服屋。
パンツは、近所のスーパーで、買ってきた。

全部合わせても、4,000円に満たない。

クアラルンプールにもユニクロはあるけど、こっちのユニクロは、どうも高級路線のような気がする。
値段は日本の方が安いし、材質も日本の方がいいような気がする。
どちらも、Made in Chinaだけど。

私の様な無精者には、こういう気候でのこの格好は、願ったり叶ったりだけど。
ブランド物がお好きなお嬢様には、3日と持たないんじゃないだろうか。

日本に戻る度に、買い足してはいるけど、総数は決して増えない。
なぜなら、こっちの手荒な洗濯機が、2年と持たないようにしてくれ。
荷物が増えないように、調整役をこなしてくれている。
ありがたい事だ。



posted by kabumy at 23:34 | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック