2013年02月28日

日本人が多く住むエリアは

クアラルンプールで、日本人が多く住むエリア。
日本人と言っても、MM2H滞在者限定だけど。

あえて、ベスト5。
順不同で、
 タマンセプテ(ミッドバレ−の東側隣接地区)
 タマンデサ
 モントキアラ
 TTDI
 サウジャナ

そうじゃないだろう、とのご意見も多いと思うし。
彼から文句が来るだろうな、との予感もある。

他にも、ダマンサラにも多くの方々が住んでるし、PWTCやチェラスも多い。
中心部のブキッビンタンに住んでる方もいる。

タマンセプテは、何と言っても交通の中心地である「KLセントラル駅」に近い事、「日本人会」に近い事が好まれる。
徒歩圏内に、巨大ショッピングモール「メガモール」と「ガーデンズ」もあるし。
KTMの「ミッドバレー駅」もある。あまり電車が来ないので、慣れるとバスを利用するようになるけど。
ここなら車がなくても、何とかやって行ける。

タマンデサもKLの中心から近いし、ショップロットと言われる、日本で言う商店街があって、徒歩だけで生活が済んでしまうところが好まれている。
感じとしては、下町の住宅街というところ。
タマンセプテと同様に、KL初心者に向いていると言われている。

モントキアラは、高層高級コンドが立ち並ぶ、都会の住宅地。
比較的近代的なエリアだ。
ショッピングモールも、いろいろ増えて来た。
ちょっと前までは、どちらかと言うと駐在さんが住むエリアで、MM2Hはあまり多くはいなかった。
今このエリアへ、引っ越すMM2Hが増えている。
都会だけど、中心地じゃないので、出て行くのにちょっと手間。

TTDIも、ワンウタマという巨大ショッピングモールが近くにあるし、ショップロットもあるしで、買物や食事には困らない。
近くに、ウエットマーケットがあって、安くて新鮮な食材を求めてローカルな人々も集まる。
ただ、市の中心に出るのにバスしかなく、時間がかかるのがちょっと不便。

サウジャナは、何と言っても高級ゴルフ場に隣接しているところが最高。
朝起きたら、まずはゴルフ場に行って、手引きのバギーで9ホール回ってから朝食、なんていう夢のような世界が待っている。
ただし、陸の孤島。
車がないと何もできない。

ざっとエリアの特徴を書いてみたけど、同じエリアの中でもコンドの場所によって、生活のしやすさは大きく異なるのは当たり前。
良く良く下見を重ねて、納得してから、暮らし始める事が肝要かと。






posted by kabumy at 21:57 | TrackBack(0) | 日本人が多く住むエリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック