2012年12月09日

「一番多く住んでるのは日本人」というコンド

昨日は、ちょっとつまらん用事があって、タマンデサに行けなかった。
今日は代わりに、昼前から「タマンデサ詣で」。

遅めのブランチはナシルマッ
こっちの定番メニューだ。

朝ご飯に良く食べるって聞くけど、私には辛い。
アラ還じじいには、ちょっと重すぎる。

例によって、お気に入りのプールサイドで、ふにゃふにゃしてたら。
たくさんの日本人とすれ違う。
寝てるんだから、すれ違うって変か?
住人でもない人間が言うのも変だけど、初めてみるお顔ばかり。

住人である友人君に、スイカジュースをご馳走になりながら、話したところ。
ここ最近、また随分と増えたそうだ。
友人君も知らない人が、大勢いるんだと。

タマンデサには、月に一度、みんなでお食事をする会があるんだそうだけど。
私と同じ、「マレーシア引きこもりの会」(注1)の中心メンバーとしては、当然ながら行った事がない。
だから、知らない人がたくさんいるのは、友人君に原因がある訳だ。

ダナウプルマイコンドに一番多く住んでるのは日本人」になってしばらく経つけど、そのうちみんな日本人になっちゃったりして、も冗談に聞こえない。
友人君は、真剣に引っ越す事を考え始めたようだ。

私は、困ってしまうけどなぁ。


※(注1)実際にはそのような会はありませんので、入会はできません。


posted by kabumy at 17:09 | TrackBack(0) | 住む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック