2012年08月29日

海外で国民健康保険の適用を受ける

カード付帯の海外旅行傷害保険は、こっちに来て3ヶ月を過ぎると使えない。
短期でこっちに来る場合は問題ないけど、3ヶ月以上滞在する時には、他を考える必要がある。

ひとつは、有料の長期の海外旅行傷害保険に入っておく方法がある。
住民票を抜いて海外に出る場合は、この方法を使っている人が多い。
1年間補償の保険で10万円くらいする。保険会社によって違うが。

住民票を日本国内に残している場合は、国民健康保険を使う方法がある。
私はこの方法を使っている。

海外で受診した時には、一旦自分で支払っておいて、日本に戻ってから申請する。
必要書類は、
 1.療養費支給申請書
 2.国民健康保険被保険者証
 3.診療内容明細書(FormA)
 4.領収明細書(FormB)
 5.診療内容明細書、領収明細書の日本語訳
 6.医療機関に全額治療費を支払った領収書
 7.世帯主名義の口座が確認できるもの(郵便局以外)

「3.」「4.」は、受診した際に、医師に記入して貰う書類なので、注意。

出発する前に、市区町村の役所の窓口に行って、用紙を入手しておいて。
受診した際に書き込んでもらって、2枚ともサインをしてもらう。
どちらかにサインをしてない事も多いので、必ず確認する。

それらの書面それぞれに、日本語に訳したものを添付して提出する。
訳してくれるところもあるが、それなりの金額を取るので、私は自分で訳して添付している。
それもかなり適当だけど。どちみち、原文の英語は、ほとんどの場合読めるような状況にない。

訳を添付しなければならない、「症状の概要」とか「処置の概要」なんかは、受診した自分が一番良く分かっている。

あと「6.」の領収書の添付が必要なので、取っておく。
これも提出する際には、訳文が必要になる。
私は、これまた自分で適当に訳している。

これで申請すると、1-2ヵ月後に口座に振り込まれる。
必ずしも7割が戻ることではない。
日本で受診した場合の金額から勘案されて割り出される。
6割の事もあったし、5割くらいの時もあった。

でも、ないよりマシ。くらいの気持ちで出している。

もうマレーシアに来てしまっている人もいそうなので。
現地で必要な、
「3」〜「5」の書類のPDFに、リンクしておく。
「支給申請書」は市町村によって多少様式が違うようだが、日本に戻ってから入手して書けば済む。



posted by kabumy at 15:34 | TrackBack(0) | お得な海外旅行傷害保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック