2012年08月27日

クレジットカードについてる海外旅行の保険の注意点

二日に渡って海外旅行傷害保険について書いた。
今日は、注意点について書く。

クレジットカードに付いている海外旅行傷害保険には、カードを持っているだけで自動的に保険のサービスを受けられるカードと。

持っているだけではダメで、その旅行をする費用をそのカードで支払った時に適用されるものがある。
利用付帯と言われている。
日本からの航空券や、パックツアーの料金をクレジットカードで支払って初めて保険が使えるようになる。
実際に保険を利用する時に、カードの支払い明細など証明するものを求められる。

最近は、後者の利用付帯のカードが増えている。
私が使っている「楽天カード」もこの利用付帯のカードだ。

利用付帯の場合も、どこまでの利用で保険適用が認められるのかカードによって違うので、カード会社に確認したほうがいい。
私が使っている「楽天カード」の場合は、空港に向かう電車やタクシーをカード払いした場合でも大丈夫だ。

保険の補償上限額にもカードによって差がある。
なかには、事故による死亡時の補償があるだけで、治療費用の補償がないものもある。

年会費が高いからと言って、必ずしも補償内容が高いとは限らない。
良く確認してから入会したほうがいい。

楽天カードは、利用付帯なのが面倒だけど。
年会費が永年無料なのと、補償額がクレジットカード付帯の最高のクラスなので利用している。

楽天カードのサイト



posted by kabumy at 18:02 | TrackBack(0) | お得な海外旅行傷害保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック