2012年08月16日

日本語ペラペラのパンタイ病院のラウ先生

普段、病院は「パンタイ病院」に行っている。
風邪をひいたとかの、内科一般の時は「ラウ先生」にかかっている。

皮膚病だとか、他の診療の時は、以前書いたように日本人スタッフに連絡を取って予約してもらう。

ラウ先生は、予約の必要がないのが助かる。
診療室に直接行けばいい。
日本の大学に留学していたので、日本語がペラペラだ。

受付にいる中国人のおばちゃんも怪しい日本語を使う。
やっぱり日本語で診てもらえると安心だ。

ラウ先生の診療室は、パンタイ病院の正面玄関を入って。
my0497.JPG

左に行って、Bブロックに向かう。
my1254.JPG

Bブロックのロビーに行くとすぐそこ。
my1253.JPG

my1255.JPG

Dr. LAU POH YOKと書いてあるので、すぐ分かる。
my1256.JPG

受付は、英語で話しかけてくるけど、日本語で押し通せば大丈夫。



posted by kabumy at 16:07 | TrackBack(0) | マレーシア病院事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック