2012年04月12日

うちは揺れた揺れなかったで話は持ちきりだった

今日は何人か集まると、昨日のスマトラ沖の地震の話で持ち切りだった。
私自身は、揺れを全く感じなかった。
その時間は、自宅にいた。静かにしていた。

同じコンドに住むローカルのご近所さんも、全く分からなかったと言っていた。
なので、地震があったのは、テレビのニュースで初めて知った。

でも、例によってマレー語で話すので、内容はいまいちハッキリとは分からず仕舞いだった。
KeyHoleTVで、日本時間21:00からのNHKのニュースで詳しい事を知った。

タマンデサに住む友人は、揺れをすぐに感じたそうだ。
だいぶ長く揺れていて怖くなった。
同じコンドの上の方の階の部屋では、天井の照明器具が揺れたところもあったと言っていた。

友人が言うには、同じタマンデサのコンドでも、揺れを感じたコンドと、全く分からなかったところがあったらしい。

私の住むタマンセプテでも、同じ事なんだろうが、ご存じの通り、知り合いが少なく詳しくは分からない。

やっぱり揺れるコンドより、揺れないコンドの方がいいんだろうか。
超高層建築の柔構造じゃあるまいし、揺れるように設計してあるとも、どうも思えないが。



posted by kabumy at 18:01 | TrackBack(0) | 日々の暮らし | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック