2012年03月15日

延滞金を払えって突然言われても

今月も請求書が届いた。
2月分の電気代だ。
こんなペラでくる。

my0773.JPG

今月は、98.35リンギ払えと請求がきた。
高いなと思って良く見たら、「TUNGGAKAN RM 37.35」が足されてある。
my0772.JPG
請求書とか、公共的な書面は全部マレー語で書かれている。

TUNGGAKANって、何じゃろか?
Google翻訳の出番だ。
この手のものが来る度に大活躍だ。
どうも「延滞」らしい。

思い出した。いつもは郵便局に支払いに行くのに、先月だけはTMで払った。
電話代を払いにTMに行った時、横にいた中国人が電気代も払っているのをみて、これは便利だと真似をした。
さてはTMの奴、オレの電気代をネコババしやがったなと直感した。
悪名名高いTMの事だ、それくらいの事はやりかねない。

一応調べる事にした。
先月の1月分の請求書をみた。

毎月の請求書、領収書の類は全部取ってある。
取っておかないと、あとで何を言われるか分からない。

何と先月の請求書にも載っていた。
またまた思い出した。
年を取ると、ひとつひとつ思い出すのに時間がかかる。

先月TMで払った時、窓口でこれは払わなくていいと言われたものだ。
全くいい加減な事を言いやがって。
と、とりあえず人のせいにしておいて。

その前の月の12月分も確認しようとしたら、請求書がない。
そのもうひとつ前の11月分は、延滞金はない。

なんだ、12月の請求がこなかっただけだ。
しかし、12月分の請求が、37.35とは逆に安すぎる。
またその内に何か言ってくるかもしれない。



posted by kabumy at 15:39 | TrackBack(0) | マレーシアの電気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック