2011年09月13日

こっちにいても日本語教師。日本にも戻っても日本語教師。

昨日65歳くらいなったら、日本に帰るかもしれないと書いた。
こっちにいる時も日本語教師、日本に戻っても日本語教師、という選択もあるかなぁという思いもある。

昔々、まだ会社に勤めている頃、退職したら日本語教師の資格をとって海外に暮らす選択もあるかなぁと思って、ヒューマンアカデミーの日本語教師講座の無料体験授業に出た事があると前に書いた。
その思いは今も時々よみがえってくる。

いま毎日、株のトレードをしてクアラルンプールで暮らしているが、やっぱり人様に喜ばれるようなことをして暮らしていければ、それは生きがいというか、充実感は遥かに高くなるだろうなと思う。

友人のタマンデサのコンドから帰る時、バスの中で偶然隣り合わせた人が日本語教師で暮らしている人だった。
タマンデサの同じコンドに、今は3人暮らしていると言っていた。

帝京大学が関係している日本語講座で、日本人会の中に入っている。
my0327.JPG
ミッドバレーのメガモールに入るところにも案内看板が出ている。

日本の大学に留学する学生さんに日本語を教えているそうだ。
日本で採用されて、こっちに来ていると言っていた。

大変だけど楽しいと目を輝かせて話してくれた。

まだ何年もこっちにいるなら一度日本に戻って日本語教師の資格を取ってくるのもいいかななんて考えてもいる。
でも怠け癖がついちゃったからなぁ。。。
そうだそうだと思ったら下のぽちっお願いします。そうでなくてもよろしくです。





posted by kabumy at 11:58 | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック