2011年05月25日

マレーシアのスイーツに はまっている。旨し!

マレーシアロングステイ、株でよろよろ暮らすクアラルンプール。。。

日本にいる時は、夏と言うと冷たいものばかり食べていた気がする。
昼飯というと、食欲がないとか言って、ソーメンやら、冷やし中華、もりそば・・・

こっちに来てからは、年中暑くて慣れたせいか、あまり冷たいものは食べないなぁ、とふと気付いた。
このくそ暑いのに、カレーやら、熱々の麺なんぞを平気で食べてる。
きっと暑い所では暑いもの食べた方がいいんだろな、体が欲しているんだろうなと勝手に解釈している。

でもこれは別。
my0115.JPG

アイスカチャン、通称ABCと言われている、マレーシアのスイーツ。
カチャンは、マレー語で豆の意味で、かき氷の上にいろんな甘く煮た豆が乗っている。
あとチェンドルと言われる緑色のゼリー状のものとか、コーンとか、一見きくらげにしか見えないものとか、とにかくこれでもかという感じ。


これは、ミッドバレーのメガモールの地下にある「Jonker Sweets」のもの。
これで、RM3.90。

まだおとなしい方で、店によってはもっとおどろおどろしい色合いのものもある。
わたしはアイスクリームが乗ったものが好きだ。



posted by kabumy at 10:24 | TrackBack(0) | 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック