2011年05月14日

マレーシア長期滞在ビザMMSHPが厳しくなってる?

MM2Hを取ってマレーシアで暮らす。。。

マレーシアには、条件が満たされると10年滞在できるビザがある。その後も条件を満たせば、更新できるので、概ね永久的に滞在する事ができる。

わたしも4年ほど前に取得した。
その頃は審査も大甘だった。
もう仕事なんてやってなかったので収入もなかったし、年金なんて全然貰える歳でもないし。(まだまだ貰えない、泣;)
それでも通った。
他の人にしても落ちたなんて話、聞いた事もなかった。


最近は結構落ちたって話を聞く。
それでも、いまのところは手を尽くして、最終的には通しているようだけど。


MMSHP(Malaysia My Second Home Programme)のオフィシャルサイトにも書かれているが、申請する際に、
「50歳以上の申請者は350,000リンギ以上の流動資産及び一月10,000リンギ以上の国外での収入があることを証明する財務的証拠を示すことが必要。
引退された方は政府の承認のある年金基金より一月10,000リンギ以上の年金収入があることを証明する財務的証拠を示すことが必要。」
になっている。


そうは言っても、なかなか10,000リンギの年金を貰っている人は少ないので、去年くらいまでは、引退者の場合は350,000リンギの資産があれば、5,000リンギ程度の年金収入で通っていた。ハッキリした明文化されたものはないが、運用でそうされてきたようだ。
マレーシアのあのあいまいで裁量に範囲の広さなんだろう。

どうもそれが許されなくなっていて、引退者でも上記の条件が適用されるようである。
現にそれ以上の資産の証明をしたにも係わらず、年金収入が満たされず落ちた人もいたようだ。最終的には他の収入を認めてもらって通ったようであるが。

私の先輩が申請しようとして、エイジェントと話したところ、そう言われたと言って相談を受けた。
しかし、残念ながら私の頃の話は、もう参考にはならない。
エイジェントからいろいろとアドバイスを貰って準備をしている。

でもこうなってくると、まだ現役の頃に取っておくしかないということか。



posted by kabumy at 14:52 | TrackBack(2) | MM2H | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

マレーシア移住のこといろいろ調べてみた
Excerpt: マレーシアに暮らすことについていろいろ調べてみた
Weblog: 定年まであと半年。定年前にやらなければ行けない事、定年後にやりたい事
Tracked: 2011-09-24 14:51

マレーシア定住促進の中心的人物が分かった
Excerpt: いろいろなサイト、本、などなどを調べたり、知人からヒアリングしてみると、マレーシア定住の促進に大きな役割を担っている人に行き当たった。 阪本 恭彦/洋子ご夫妻。 マレーシアのクアラルンプールに在住さ..
Weblog: 定年まであと半年。定年前にやらなければ行けない事、定年後にやりたい事
Tracked: 2011-09-26 10:03