2021年08月25日

(続続)ファイザー打ったら「だるい」「眠い」「熱が出た」の3重苦

タナボタで打てるようになったワクチン接種も2回目を迎えた。
接種会場でも実に順調に進み、1時間もかからずに終える事ができた。

自分で運転して行ったので、副反応が出る前に直帰した。
一目散に逃げるように帰った。


帰ったらちょうど昼メシ時。
朝出かける前に準備して行った日本ソバを美味しく頂いた。

ここまでは食欲もあったし、打ったところが少し痛いくらいで特に問題なし。
一度目の接種の時はほぼ何もなかったので、完全に高を括っていた。

夕方からだんだん笑っていられなくなった。
打ったところがパンパンに腫れて痛くて仕方がない。

やがて全身がだるくなってきた。
そのうちに我慢出来ないくらいのダルさになった。

それでもまだ油断して、ソファで横になってテレビを観ていた。
それもやがて眠くて眠くてテレビどころではなくなった。

一応熱を測ってみたら、38.4度。
そんな時にちょうど”タマンデサの友人”から電話があった。

状況を伝えたら「さすがに若いねえ」と褒められた。
ちょっとムッとしたのは覚えているけど、その後の事は全く記憶にない。

気が付いたらベッドで眠っていた。

高熱があって、全身が怠くて、思いっ切り眠いのに。
寝返りをうつとワクチンを打ったところが痛くて目が覚める。

まさに地獄のスパイラル。
寝たような寝てないような夜が終わった。


2日目になっても同じような状態が続いた。
でも、3日目になって、やっと収まって来た。

これで抗体が出来たなら、これくらいの地獄は我慢できるかも。
でも、もし3回目を打たなきゃダメだと言われたら?

今は打ちたくないけど、多分3ヶ月経ったら忘れていると思う。

ブログランキング応援クリックよろしくお願いしますにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
posted by kabumy at 23:34 | 日々の暮らし | 更新情報をチェックする