2021年06月30日

昔話を始めると だいたいブログの行きつく先が見えて来る(笑)

今も良く出てくる名前に、”タマンデサの友人”、”じゅんちゃん”、”きーちゃん”がいる。

”タマンデサの友人”とは、もう10年以上も前からの付き合いになる。
”じゅんちゃん”、”きーちゃん”とも8-9年の付き合いだ。

私以外はクアラルンプールの「タマンデサ」の住民だった。
私だけは隣町の「セプテ」のコンドにいた。


でも、同じ「タマンデサ」でも、3人とも違うコンドにいた。
”タマンデサの友人”は私のお気に入りのコンドの「ダナウプルマイコンド」にいた。

ここのバリ風のプールサイドが好きで毎週のように通っていた。
”タマンデサの友人”がいなくても行っていた。

その頃の「ダナウプルマイ」のセキュリティはとてもいい加減で、私が手を挙げると入れてくれた。

今は”タマンデサの友人”でも入れない(笑)。

お金持ち”きーちゃん”は日本のゼネコンが施工したコンドの、とても眺めのいい広い部屋に住んでいた。

何から何まで真っ白なキラキラ輝くような部屋だった。
その頃は栃木の山奥の住民だとは知らなかった。

”じゅんちゃん”のコンドはもう名前も忘れたけど、中低層コンドでとても雰囲気があった。

プールがある中庭がとても南国風で素敵だった。
そこに面したバルコニーがとても広くてたまにBBQをやったりもした。

その割にはコスパがとても良かった。
”じゅんちゃん”は昔から、そして今もとても常識的な人だ。

みんなで随分と一緒に行動していた。
奥さん方も含めた6人で「島巡りの会」なる会を結成してあちこちに旅行をしていた。


海外への遠征にも随分と出かけた。
一番若い私がいつも手配師だった。

何だか本来書きたかったところまで行きつく前に疲れてしまった。
昔話を始めると、だいたいブログの行きつく先が見えて来る(笑)。

明日もまた つまらない昔話が続くかもしれない。

ブログランキング応援クリックよろしくお願いしますにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
posted by kabumy at 23:46 | 日々の暮らし | 更新情報をチェックする