2021年06月10日

コロナは想像以上に身近に迫っているのを実感した

冷蔵庫の中がほぼ空になってきた。
仕方なく買物で出かけた。

いつもの近場のスーパーは、周囲で感染者数が多いので避けて。
まあ安全かなと思われるエリアまでわざわざ買いに行っている。


途中近道をしようと思って脇道に入った。
なんと鉄条網で囲われているエリアに出くわした。

安全なところを選んだつもりが、自分から危険に飛び込んで行ってしまった。

日本だったらワイドショーのいい題材になるのに。
コッチではペラ州のコロナのサイトにも乗らない。

そこの風景が、何ヶ月か前にリゾートの近所で鉄条網に囲われたところととても似ていた。
何か共通したものがそこには潜んでいるのかもしれない。

今、我が部落の一番の関心事は、「いつ日本に帰るのか?」になっている。
あと4日で今の「完全ロックダウン」は終わる。

そして1ヶ月間の次の段階のロックダウンに入るらしい。

多分だけど、一部の経済活動は緩和されるだろうけど。
我々に関係する生活する上での制限は変わらないだろう。

そうなると「いつまでもここにいてもしょうがないよね」という話にどんどんなって行く。


栃木の山奥で暮らしている”きーちゃん”からは「早くウチにくればいいのに!」とけしかけられる。

ゴルフと宴会さえ出来るようになればなあ・・・。
そんな話なんて一気に消えるのに。

ブログランキング応援クリックよろしくお願いしますにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
posted by kabumy at 23:51 | 日々の暮らし | 更新情報をチェックする