2021年06月08日

みんなと一緒の楽しいマレーシア暮らしもいつまでも続く訳ではなかった

完全ロックダウンが始まってからの1週間というもの、完全に引きこもっていたと昨日書いた。

部屋から1歩も出ていないかのような悲壮感に満ち溢れていた。
ちょっと誤解を与えたかもしれない。


あくまでもここゴルフリゾートから一歩も出ていないということで。
リゾート内では毎日散歩はしている。

それも環境的には恵まれている。

mz0322.JPG

左側はゴルフ場だ。
リゾート内なので交通量もほとんどない。

いつも”お仕事”が終わってから、スコールがやって来る前に出かける。
結構タイトな予定だ。

今日もいつものように1人でテレンコと歩いていた。
目の前に見た人が歩いていた。

”じゅんちゃん”だった。
ちょっと話しながら一緒に歩いた。

もちろんディスタンスとマスクは必須。
見つかったら罰金だ。

「もう少し簡単に帰れるようになったら撤退しようと思っている」と言う。
最近あまり真面目な話はしていなかったので驚いた。


”きーちゃん”は短期滞在以外はもう戻って来る気はないと言っていたし。
”タマンデサの友人”も日本の居場所を見つけると言っていた。

いつまでも続くかのように思っていた楽しい生活も。
いつかは終わってしまうという事なのだろう。

ブログランキング応援クリックよろしくお願いしますにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
posted by kabumy at 23:52 | 日々の暮らし | 更新情報をチェックする