2019年11月01日

ほとんどの人が10年の更新をしないで日本に撤退してしまう

”タマンデサの友人”がLINEであれこれしゃべっていた。
話し終わってから随分と落ち込んでいた。

友人の何人かが日本に帰ってしまうみたいだ。
みんなそろそろ10年を迎え始める。

ほとんどの人が10年の更新をしないで日本に撤退してしまう。
この1-2年でタマンデサに暮らす多くの友人が帰ってしまうみたいだ。

来週末にマレーシアに戻ったら、彼はそのままイポーに戻らないで。
タマンデサに何泊かすることになった。

”タマンデサの友人”も何年かしたら日本に撤退してしまうのではないだろうか。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
posted by kabumy at 23:21 | 日々の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

月曜から男3人で伊香保温泉、宿は取ったけど何も決まってない

あさっての月曜から2泊3日で温泉旅行。
”タマンデサの友人”と”じゅんちゃん”と男3人で伊香保温泉。

私にとっては初めての伊香保温泉。
昔ながらの温泉場らしい温泉みたいだ。

宿の予約はしてあるけど、何をするかも決めてない。
多分飲んで寝てるだけになるだろうけど。

一応打合せをしようと言う事で、”じゅんちゃん”もやってきた。
せっかくなので焼鳥を焼いた。

my9925.jpg
これが1回戦分。

結局4回戦焼いた。
いくらなんでも、じじいにしては食べ過ぎだろう。

マレーシアで焼くよりずっと美味しい気がする。
何が違うのだろう。
魚焼のグリルで焼いてるせいなのだろうか。

で、温泉旅のことは何か決まったか。
結局はぶっつけ本番、出たとこ勝負。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
posted by kabumy at 23:51 | ただいま日本に滞在中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

ラーメン屋のオヤジは「全部札幌でやればいいじゃないか」と怒る

【ただいま日本に一時帰国中】

来年のオリンピックのマラソンと競歩の会場が札幌に移った。

実は悩んでいた。
来年の春の一時帰国を春から夏に変えようかと思っていた。

もちろん東京でのマラソン観戦のためだ。

これで悩む必要がなくなって、ある意味良かった。
優柔不断な人間にとってはこういう選択の決定は結構ストレスになる。

今日の昼メシは一人だったので、馴染の近所のラーメン屋に行った。
とうとう「馴染」となった。

いつも穏やかな”オヤジ”が怒りまくっていた。
何でも1964の東京オリンピックの時は中学生だったという。
日の丸の旗を持ってマラソンの応援に行った。
まさか2度も応援の旗を振れるとはと、楽しみにしていたのに・・・。

「全部札幌でやればいいじゃないか」
「もうテレビも観ない」

まるで子供だ。
でも、実は私もそんな気分だ。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
posted by kabumy at 23:21 | ただいま日本に滞在中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月07日

病院から急きょ呼び出しがあった

心臓手術の経過観察で日本に一時帰国している。
今日病院から電話があった。

明日、急きょ通院することになった。
入院のことは言ってなかったので、それはないと思う。

昨日までの楽しい温泉旅行から、一気に転落だ。
posted by kabumy at 18:48 | ただいま日本に滞在中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月09日

長い間読んで頂きありがとうございました、お別れの時が・・・。

ゲンを担いでカツを食べて病院に行った。
my9926.jpg

残念ながら勝てなかった。

入院する事になった。
それも、ちょっと面倒な話のようだ。


長い間お世話になりました。

ブログ村から撤退する事にしました。
もう今までのように毎日の更新は不可能でしょう。

そうは言っても、できれば週に一度くらいは更新したいなと願っています。
たまには見て頂くととても嬉しいです。

「暮らすマレーシア」でgoogle検索して頂くと見つかると思います。

それではまたどこかでお会いしましょう。
posted by kabumy at 01:23 | ただいま日本に滞在中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月14日

いろいろとご心配をおかけしています。

いろいろとご心配をおかけしています。
たくさんの方がブログに書いて頂いて大変恐縮しています。


入院して4日目。
いよいよ明日手術。

この4日間ヒマではあったけど、ブログを更新する気にはなれなかった。
病院食を「美味しいよ」と紹介しても仕方がないし。
点滴の写真を載せても面白くない。

手術はいろいろとリスクがあるみたいだ。
でも、気分はもうまな板の鯉状態。
なるようにしかならない。

”タマンデサの友人”はマレーシアに帰って行った。
しばらく付き添っていようかと言ってくれたけど。

”じゅんちゃん”夫婦も”きーちゃん”夫婦もいるから大丈夫だからと帰ってもらった。
それよりも、万一の時のマレーシアの諸々の処分を頼んでおいた。

このブログをどうしようかと考えたけど。
この8年ほどほぼ毎日更新してきた。
ハッキリ言ってブログ中毒患者みたいなもんだ。
更新を完全にやめるのはほぼ不可能(笑)。

といってしばらくは東京在住になってしまう。
このマレーシアブログに東京の事ばかり書いていても仕方がない。

これまでの記事にもいろいろと中途半端になってしまっているところがある。
毎日少しずつ加筆修正して、1週間に1度くらいまとめてアップしようかなと思っている。

お正月はマレーシアで迎えたいなとは思うけど。
無理かな?どうだろう。
posted by kabumy at 16:20 | ただいま日本に滞在中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

何故マレーシアに移住しようと思ったの?

日本在住の友人知人に聞かれることベスト10

何故マレーシアに移住しようと思ったの?

日本在住の友人知人からまず聞かれるのがこれ。

どうしてマレーシアに移住しようなんてなんて思ったの?
その言葉の裏には「馬鹿じゃないの」という雰囲気がいつも漂っていた。

「移住」とは書いたけど、移住という感覚はなかった。
日本に戻ってくるのはハッキリしてたし。

少し長い間海外で暮らしてみようかなという感じだった。

40歳くらいの時から海外暮らしもいいかなと

40歳くらいの時から海外で暮らすのもいいかなと思い始めていた。
根っからの病的なほどの対人恐怖症で、日本で暮らすより海外で暮らしたほうが合ってるかもと思っていた。

日本語では緊張してしまってほとんど会話ができないのに。
英語ではそれほど苦痛ではなかった。
その理由は自分でも分からない。

本当はハワイで

本当はハワイで暮らしたかった。
数年間いろいろと試みてはみたけど、ビザを取ることが出来なかった。

オーストラリアも考えた。
こっちは経済的なハードルが高すぎた。

消去法で残ったのがマレーシアだった

どんどん行けるところが狭まってしまって、最後に残ったいくつかのところにマレーシアもあった。
積極的にマレーシアで暮らしたかったというより、ある意味では消去法で残った。

もちろん長期滞在ビザが取れる国という前提での話だけど。

経済的なハードル的には「タイ」も残っていたけど。
英語が普通に通じるということで「マレーシア」に決めた。

それに、ローカルの言葉を覚えるにしても。
タイ語よりマレーシア語の方が覚えやすいと思った。


次のページ マレーシアに移住する時にメリットと思った事

2019年11月24日

マレーシアに移住する時にメリットと思った事

日本在住の友人知人に聞かれることベスト10

マレーシアに移住する時にメリットと思った事

10年前にマレーシアに移住をする事を決めた時に。
これは日本にいるよりいいなと思ったことが5つある。

全てが本とかサイトとかの情報だった。
当時はブログを書いてる人はほとんどいなかった。
いても駐在員さんだった。

1.物価が安い。日本の1/3だと聞かされていた。
2.親日家が多く、ローカルさんともすぐに仲良くなれる。
3.治安が日本ほどではないが、比較的いい。
4.英語が通じる。
5.安い家賃でプール・ジム付きのマンションが借りられる。

1.物価が安い、日本の1/3だ。

1/3は嘘だった。
電気代とかガソリン代とか、1/3のものもあったけど。
全体の生活費は、1/3にはどうやってもならなかった。

今では1/2にもならないと思う。

お前が贅沢をしてるからだろうと言われても・・・。
 お酒は飲まない。
 たばこも吸わない。
 ゴルフもホームコース以外はやらない。
 和食はあまり好きじゃないから、ほぼ食べない。
 もちろんいかがわしい所にも出入りしていない。
ほぼ仙人のような生活だ。

確かにローカルさんと同じ生活をしてれば1/3で済むと思う。
しかし仙人のような私にも無理だ。

まあ、でも日本に比べたら安い。
だから下手なトレードでも、ここまでやってこれたのだと思う。

2.親日家が多く、ローカルさんともすぐに仲良くなれる。

テレビ番組や、MM2Hの販促DVDを観ても、ローカルさんとパーティをやってるような場面が必ず出てくるけど。
いつもそういう事をやってる日本人って少ないと思う。

多くの日本人は”日本人村”で暮らしているんじゃなかろうか。

3.治安が日本ほどではないが、比較的いい。

私の場合は、10年暮らしてきて一度も被害に合った事はない。
スリ、置き引きは結構あると聞いていたけど、一切経験なし。

でも合う人は何度も合ってる。
何が違うのかは私には分からない。

4.英語が通じる。

これはその通りだった。
思いっきりの田舎以外は、ほぼ通じる。

ただ本来の英語ではない。
いわゆるマングリッシュ(マレーシアイングリッシュ)と言われているもの。

特に中華系の英語は非常に聞き取りづらい。
早いし、英語のイントネーションじゃないから、私には非常に難しい。

何度も聞き返してしまう。

5.安い家賃でプール・ジム付きのマンションが借りられる。

これもその通りだった。

月々5-7万円くらいで、100平米程度の部屋。
場所にもよるし、上を見ればキリがないけど。

おまけに、無料で使えるプール、ジム、テニスコート付き。
24時間セキュリティがゲートで守ってくれている。

次のページ マレーシアで毎日何をして暮らしているの?

2019年11月26日

マレーシアで毎日何をして暮らしているの?

日本在住の友人知人に聞かれることベスト10

マレーシアで毎日何をして暮らしているの?

日本の友人知人から聞かれる質問のベスト3に入る。
一番困る質問でもある。

何をしてると言われても。
別に何もしてないけど、何かしてるはずだ。

逆に聞く。
「日本で何をして暮らしているの?」

「・・・。」
答えに詰まっている。
同じだよ。

それでは余りにもそっけないので一生懸命探す。
マレーシア暮らしで多くの人が時間を費やしているのは。

ゴルフ

恐らくこれがダントツだろう。

私の場合は、病的なほどの対人恐怖症なので。
友人たちとしか一緒に回らないけど。

多くの人は、定期的に開催されてるコンペに参加したり。
自分のホームコースでたくさんの仲間と一緒に回ったりしている。

そして、そのゴルフ仲間と食事に行ったり宴会をしたりという事が多いようだ。

テニス

これもマレーシア暮らしでは人気のスポーツだ。

たいていのコンドにはテニスコートが付いてる。
おまけに無料で出来るところがほとんどだ。
簡単にテニスを楽しめる環境にはある。

仲間が集まってワイワイ楽しんでいるパターンもあるし。
上手い人を先生にして、スクールみたいにやってるグループも多い。

マレーシアに来てから始めた人も多いみたいだ。

”タマンデサの友人”が住んでいた「ダナウプルマイコンド」は随分と盛んだった。
他のコンドの仲間もたくさん集まって楽しんでいた。

趣味の集まりに参加

以前私が暮らしていた”セプテ”にある「日本人会」にも多くのサークルがあるし。
それ以外にもみんなで集まって楽しんでいる。

私はもちろん参加していないけど(笑)。

「麻雀」も人気の競技だ。
「社交ダンス」を楽しんでいる人も多い。

買物

食材の買物は、これはもう生きてる以上行かざるを得ない。
マレーシア暮らしでは、ほとんどの人は車で行ってまとめて買ってくる。

私の場合は週に1回のパターンだった。
幸い冷蔵庫がまあまあの大型だったので、まとめて買って冷凍保管していた。

豚肉とか、和食の食材とか、ちょっと変わったものは別に行っていた。
限られた回数ではあるけど、意外と時間が取られる。

食事会・宴会

ゴルフ仲間とか、ご近所さん仲間とかでみなさん行っているようだ。

私の場合は、会話ができる友人は酒好きばかりだし。
近所に住んでいるのでしょっちゅうやっている。

私自身はいくら練習しても強くはなれない。
それでも最近はワインを8oほど飲めるようになった。

各種支払い

電気、ガス、水道、下水、ネット、家賃などの支払い。
日本ではほとんどの人が銀行口座からの引き落としかカード払いにしていると思う。

マレーシア暮らしでは毎月自分で払いに行く人が多い。
私もそうだけど信用していない。

毎月自分の目で請求書を確認して、金額を納得してから払いに行く。
払いに行くところは、請求元の会社そのものだったり、郵便局だったり。

結構手間だけど、仕方がない。

掃除

マレーシア暮らしでは、これが意外と手間なのだ。

なんせ部屋が無駄に広い。
それにクアラルンプールの場合は、空気が汚いので部屋も汚れる。

私は素足が好きなので、部屋でもスリッパをはかないけど。
すぐに足の裏が真っ黒になる。

掃除機で吸ったあと、モップで水拭きをする。
この二本立てはKLでは常識のようだ。

広いせいもあって1時間は かかってしまう。
それも週に1−2度はやらねばとなるとちょっとキツい。

掃除だけをお手伝いさんに頼んでいるひとも多い。

忘れるところだったけどお仕事

あと私の場合はお仕事(トレード)を起きてから14時までやっている。
危なく忘れるところだった。

お仕事については、また別の機会に語ってみたい。

次のページ:マレーシア暮らしはどんなところに住んでるの?

2019年11月30日

マレーシア暮らしはどんなところに住んでるの?

日本在住の友人知人に聞かれることベスト10

マレーシア暮らしはどんなところに住んでるの?

これも良く聞かれる。
テレビでマレーシア暮らしの事をいろいろと放送されているので、どうも確認をする意味合いが強いみたいだけど。

マレーシアにはどんな住まいがあるのか?


 バンガロー
 日本で言うところのいわゆる一軒家。
my9937.jpg

 大きいのからそうでもないのまでいろいろとある。
 何となく富裕層の中華系の見栄の塊って感じだ(ひがみかな?)。

 日本人で暮らしている人って、そうそういないのではなかろうか。
 あっ!ガクト(GACKT)様がいた(笑)。

 リンクハウス
 たくさんの家が一列に繋がっている形。
my9936.JPG
 日本で言う長屋みたいなものだけど、もっと大型で3階建てが多い。

 マレーシアでは普通にある標準的な住まいの形式。
 日本人でもワンちゃんを飼ってる人で借りてる人はいた。

 コンドミニアム
 日本で言うマンション。
my9933.JPG
日本人はコンドミニアムに暮らしている人がほとんど。

日本と違うのは敷地が塀で囲われていて、敷地に入るのにチェックを受けなければ入れない。

マレーシアのコンドミニアムってどんなところ?


当たり前だけどピンからキリまである。
家賃も違うし、広さも違う。

仕事も引退して年金を中心に暮らしている方々の平均的なところで書いてみる。
富裕層や駐在員さん達は、ワンランクもツーランクのところに住んでいる。

 部屋
3BRの100〜150平米程度に住んでる人が多い。

リビング、ダイニング、キッチン、3寝室、2浴室(兼洗面所、トイレ)、倉庫、バルコニー。

浴室はシャワーだけのところが多い。
一番大きな寝室には浴室(兼洗面所、トイレ)付きが多い。

プラン的に日本と違うのは玄関とか廊下がない。
玄関ドアを開けると、いきなりリビング・ダイニング。
そしてリビング・ダイニングに面して寝室のドアがある。

まあ、合理的と言えば合理的。


次に付帯設備について。
 プール
プールはほとんどのコンドミニアムには付いてる、付いてないコンドを知らない。

私のお気に入りだった”ダナウプルマイコンド”のプール。
my9934.JPG
ここのリゾート風のプールサイドでデッキチェアに寝っ転がっているのが好きだった。
平日はほぼ貸し切り状態。

 テニスコート
テニスコートもほぼ付いてる。
my9935.JPG
日本人の仲間が集まって和気あいあいと楽しんでいる。

 ジム
ジムもほぼ付いてる。
もちろん使いたい放題で無料。

ひ弱なこの私でも毎日通っているとだんだんと逞しくなってくる気がする。

 駐車場
車社会のマレーシア、駐車場は必須条件。
1台もしくは2台の駐車場が付いてる。

 セキュリティゲート
コンドの敷地の入口にはセキュリティゲートがある。
my9938.JPG
ここで身分を証明するものを提出してチェックを受けないと車も人も入れない。

 それ以外のもの
サウナが付いてるコンドは多い。
”ダナウプルマイコンド”にはスカッシュコートも付いていた。

マレーシアのコンドミニアムって家賃はどれくらい?

これだけの設備が付いて、概ねの家賃は3BRで。
1,800〜2,800リンギット(47,000〜72,000円)。

あくまでも高くなく安くなくといったところで。

もちろんクアラルンプールを離れればもっと安くなるし。
クアラルンプールでも中心部だともっと高くなる。

私の周りにはこういう人が多いかなといったところだ。

次のページ:マレーシア暮らしはお酒は飲めるの?