2017年07月02日

今度は是非「キナバル山」に登ろうと言うけど

朝、”タマンデサの友人”から電話が入った。
大体察しは付いた。

「夕方から”サヨナラ会”をやるけど、来れる?」だった。
察しは当たった。

主賓はもちろん、富士登山のいでたちで拍手喝采だった日本からのご夫婦。
参加者は、”タマンデサの友人”、”じゅんちゃん”夫婦、そして捻挫して行けなかった同じコンドの友人。

どうせなら朝から行って、ロティチャナイでも食べようと覚悟を決めた。
明日は明日の風が吹くだ。

久し振りのリバーサイドレストランこと、川っペリの掘立て小屋だ。
my8397.JPG
相変わらず盛況だ。

ここのロティチャナイはホントに旨しだ。
my8399.JPG

もう少し衛生的だったら、気持ちよく皆さんにお薦め出来るんだけど。
ちょっと自信がない、腹を壊したと言う人もいるし。

真っ昼間も、いい天気。
my8394.JPG
最高のプールサイド日和。

my8395.JPG

太陽もいっぱい。
my8396.JPG

そうこうしてるうちに、”サヨナラ会”の時間がやって来た。
開催場所は”タマンデサの友人”の部屋。
最近はここが多い。

結局、彼らのアルコールの消費量は普通じゃないから。
外で飲むと恐ろしく高くつく。

それに明るい時間から、アルコールで盛上がるのは。
この国では、いくら何でもはばかれる。

”タマンデサの友人”の知り合いは変わった人が多いなんて暴言を吐いてしまったけど、実に楽しい常識的なご夫婦だった。

富士登山の格好にはビックリしたけど。
でもあそこでトレッキングをするには、それが正解の服装だった。

”ヒル”に喰い付かれて、逃げ帰ってきた話で大いに盛り上がった。
20170629193120160.jpg
(写真じゃ見えないけど、蛭がうじゃうじゃいる)

せっかくあの格好をしているんだから、ご夫婦にはもう少し頑張って欲しかった。
まさか先頭で引き返すとは思ってもみなかった。

ご夫婦曰く、また是非マレーシアに来たいと。
そして今度は、富士山より高い「キナバル山」に登りたいと。

みんな他人事のように頷くだけだった。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
posted by kabumy at 23:33 | TrackBack(0) | 仲間との係わり | 更新情報をチェックする