2016年12月06日

持ち歩き用の小さいパソコンをとうとう買い替えた

新しいパソコンにとうとう買い換えた。
持ち歩き用の12インチのちょっと小さいパソコン。

遅くて遅くて、イライラしてどうにもならなかった。
一応、いろいろと手は尽した。

きれいさっぱり完璧に初期化して、長い間に溜まった膿を出した。
もしかしたらウィルスに感染してるかもしれないし。

多少は変わったかなと期待して、電源を入れたけど・・・
ガックシ。
測定した訳じゃないけど、体感的にはほとんど変わらない。

そうか、メモリーが少ないからかなと思って、増設メモリーを買ってきて足した。
これはちょっと早くなった。

何なら、HDDをSSDに交換する?
う〜ん・・・。

ここまで来て、ふと思った。
これ以上、この5年以上も前に買った古いパソコンに投資するより、新しいのを買った方がいいかも。
スペック的にも相当古いし。

普段、家では15インチのノートパソコンを使っている。(株のトレードは別のシステム)
スペックはかなり高い。
ハッキリ言って、これと比較するから、やたら遅く感じるのだと思う。

同じスペックとは言わないまでも、近いスペックにしない限りは、イライラはきっと解消しない。

探した。
12インチでそういうスペックだと、20万円以上する。

それはちょっと無駄だ。
このパソコンを使う時って、短期間の旅行先、「タマンデサの日」のプールサイド、スタバ(カッコイイ!)くらいなもの。

そうだ!中古で探そう!
中古市場は私が想像していたより、遥かに進化していた。

CPUはi5以上、メモリーは4G以上などなど、自分なりの条件以上のものを探した。
【中古パソコンショップ Be-Stock】で、探した。

3年くらいの型落ちが、2-3万円くらいで売ってる。
売り出した頃の値段は20万円以上したものばかり。

スペック的には、全く問題ないはずだ。
パソコンを使い始めて40年、中古でも十分だと初めて気づいた。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
posted by kabumy at 23:02 | TrackBack(0) | 日々の暮らし | 更新情報をチェックする