2015年08月28日

日本に春と秋しか帰ってないから、食べられないものが

千葉の山奥の自宅を、処分してからというもの。
ここ3-4年は、年に2回だけ日本に帰るようになった。

日本の、一番いい季節を狙って帰る。
5-6月、10-11月のうち、それぞれ1ヶ月くらい日本にいる。
どうせマレーシアは、一年のうち、いつ居ても同じだから(笑)。

いつも決まった時期にしか帰っていないと、ずっと食べられないものが出てくる。
例えば、夏に出回る果物で、スイカ、桃。

スイカはマレーシアでも食べられるし、こっちの方が安いから。
あえて日本で食べたい、とも思わない。

問題は、桃。
もしかしたら、果物の中で一番好きかもしれない。
あの甘さは、他には例えようのない旨さだ。

1週間くらい前になるだろうか。

タマンデサの果物屋さんで、絞りたてジュースを飲んでる時に。
日本産の桃が、売られてるのを見つけた。

これは是非買いたいと思って、値段をみて腰を抜かした。
1個、600円くらいした。
ビックリしすぎて、写真を撮るのも忘れた。

ジュースを飲みながら、散々悩んだけど。
結局、断念した。


ピザを食べに、「 LOVE MACARONI」に行った時。
同じ建物に入っている、ローカルスーパー「De Market」に寄った。

面白いものを見つけた。
「スペインドーナツピーチ」という名前らしい。
my5957.JPG

4個も入って、13.99リンギ。
400円ちょっと。

ドーナツと言うだけあって、平べったい。
my5958.JPG

さて、お味の方は、どうだろう?
触った感じが、まだ固そうなので、しばし熟成させている。

それとも、こんなものなのだろうか?⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
posted by kabumy at 19:55 | TrackBack(0) | 日々の暮らし | 更新情報をチェックする