2015年08月24日

私は日本人村の事を、あまり知らないんだと思う。

私は、根っからの下戸だ。
ちょっと前までは、ビールをグラス3cmでひっくり返っていた。

最近、タマンデサの友人を中心とする、集まりでたまに宴会に参加する。
段々飲めるようになってきた。

彼らに、「飲むならワインがいいんじゃないの。」と言われて。
最近は、晩メシの時に、赤ワインを少しだけ飲んでいる。

調子がいい時には、気持ちがいい。
ダメな時には、気持ちが悪くなる。

やっぱり、基本的に、体に合わないんだろう。
今日は、だいぶ調子がいい(笑)。

昨日、日本人村の事を書いた。
> よく言われる、日本人村の人間関係。
> 最近は、それほどでもない。
> 多様化していて、あそこがダメなら、あっちがあるって感じ。
昔に比べると、だいぶ暮らしやすくなってると思う。

でも、昨日みんなと話して、何となく思ったけど。
多分、私はマレーシアの、日本人村の事を、知らないんだと思う。

付き合っている日本人は、ほんの数人だし。
日本人会には、出入りしてないし。
日本人のゴルフコンペなんかには、一度も行った事ないし。

日本人で、付き合っているのは、ほんとに気心が知れたひとだけ。
だから、今さら村八分にされることも、まずない。

逆に言えば、それほど日本人村を意識しないでも、暮らしていける。

それを、寂しい話だと、思う人もいるだろう。
もっと、大勢の日本人と知り合って。
南国生活を、もっともっと楽しんだ方がいいのに、と思うひともいるだろう。

でも、私は、これぐらいでいいのかな、と思っている。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
posted by kabumy at 23:53 | TrackBack(0) | 日々の暮らし | 更新情報をチェックする