2015年08月03日

引越し先での暮らしもだいぶ落ち着いてきた

「セプテ」から「クチャイラマ」に 引っ越して、半月ちょっとが経った。
実に快適に暮らしている。

元々の、引越しをした理由。
ちょっとマレーシアが、飽きてきちゃったかな?
このままじゃ、撤退の日も近いかも・・・。

いや、もしかしたら、飽きたのはマレーシアじゃなくて。
住んでるところかもしれない。

・・・という考えは、当たっていたかもしれない。

引越しを敢行したお陰で、毎日、新鮮に暮らしている。
まだ慣れなくて、オタオタしてる部分もあるけど。

オーナーにも恵まれた。
前のコンドのオーナーも、いい人だったけど。
今回のオーナーも、負けず劣らず、良くしてくれる。

いろいろと、ひどいオーナーの話を聞くことも多い。
私は、ほんとにラッキーだ。

昨日も、「どこか不便なところはないか」と、電話をくれた。
おまけに、お土産まで 届けてくれた。

「スレンバン」に、出掛けてきたそうだ。
ローカルさんの海水浴場、「ポートディクソン」に行く時に、通った事がある。

何があるのかは、知らない。

戴いたお土産はこれだ。
my5861.JPG
『 華師傅中華美食の芙蓉燒包 』

箱を開けると。。。
my5862.JPG
旨そうな、焼き菓子だ。

ブロガーの染みついた習慣だ。
二つに割ってみた。
my5863.JPG
甘い饅頭のように見える。

中国菓子は、いつも見事に裏切ってくれる。
何と、中身は、鶏か豚の叉焼だ。
濃い目の甘辛い味付けだ。

皮は、パイ生地みたい。クロワッサンに通じるものがある。

中国菓子は、甘いだけで、許してくれないことが多い。
最初は驚いていたけど。
慣れて来ると、なかなか美味しい。

スレンバンでは有名な菓子のようだ。
口コミを読むと、、、
芙蓉燒包如果來到芙蓉不吃燒包,就不算到過芙蓉。華師傅的芙蓉燒包,皮酥餡美,餡料是香味濃郁的叉燒製成,咬一口,餅皮香酥,餡料開胃,配上一杯熱飲料,簡直是令人滿足的下午茶。此外,華師傅中華美食在全馬有超過百間分銷店,為它贏得大馬紀錄大全。它除了燒包聞名,各式糕餅如蛋塔、黃梨塔及咸蛋酥等也深受食客喜愛。地點:華師傳中華美食蕭隆興路門牌13號營業時間:8am-11pm
とある。
何の事か、分からない。

頼みの、google翻訳をしてみた。
パッケージを燃焼ハイビスカスハイビスカスは、パッケージを燃やし、スレンバンにされていない場合は食べています。中国マスターハイビスカス燃焼パッケージは、さわやかな肌の美しさを詰め、香りの豚肉の詰め物は、ホットドリンクを飲み、単にアフタヌーンティーを満たすに伴う、前菜を充填し、一口、クリスピークラストで作られています。それはレコードのマレーシアブックを獲得として加算では、マレーシアの中国料理の中国のマスターは、百以上のコンセントがあります。有名な燃焼パッケージに加えて、そのような卵、パイナップル、また食事に愛さ塩漬け鮮明な塔のようなペストリーのすべての種類。場所:13日営業時間の中国部門シャオチュアン中国料理隆興ロードハウス:午前8時 - 午後11時
どっちにしても分からない。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
posted by kabumy at 18:46 | TrackBack(0) | 日々の暮らし | 更新情報をチェックする