2015年04月26日

何から何まで幸運な出来事が連続の一日だった

昼前に、タマンデサの友人から電話があった。
「今日も、空を眺めて暮らすのか?」

そうだ、そのつもりだ。
もう既に一枚撮ってある。
my5505.JPG
どうだ、美しい空だろ。

「車を運転出来なかったら、迎えに行くから、タマンデサにお茶しに来ないか?」
実に、魅力あるお誘いだ。

自分のコンドで、引きこもっているのも。
彼のコンドで、お茶してるのも、体の負担は変わりない。

精神的な優位性は、明らかだ。
話に乗らせてもらった。

30分ほどしたら、車でお迎えがあった。
3人で来た。

随分と大袈裟なお迎えだな、と思ったけど。
要は用事があって、3人でミッドバレーに来ていただけだった。
ついでに、私を拾って帰ろう、という事だ。
とは言っても、ありがたい事だ。

みんなで、そのままタマンデサのホーカーズに直行。
今日は日曜日のせいか、家族連れが多い。
my5503.JPG
いいね、家族でホーカーズなんて。

おっ、餃子屋の兄ちゃんが中国から帰っていた。
久し振りの辣肉麺。
my5504.JPG
チョビッと辛い、ひき肉が乗っている。
5リンギ170円。

円安と物価高で、随分と高くなった。
でも、ここの麺は、日本人のファンは多い。

そのあと、彼のコンドで、コーヒーをご馳走になりながら。
男4人で、ずっと話し込んでいた。

なんと3時のおやつには、近所の「RT」のチーズケーキをご相伴に与った。
my5506.JPG
感謝感激雨あられだ。

夕方になって、彼らは宴会に移行して行くというので、体の事もあるのでおいとました。
帰ってきたら、雨雲が垂れ込み始めた。
my5507.JPG

何から何まで幸運な一日だった。⇒ ポチッにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
posted by kabumy at 21:31 | TrackBack(0) | 日々の暮らし | 更新情報をチェックする