2014年04月28日

マレーシアに来た時から、撤退する日を決めているって

今、パンコール島に、6人で遊びに来ている。
明日チェックアウトの、2泊3日でやってきた。
my3922.JPG
西海岸ということで、あまり期待はしていなかったけど、海は思った以上にきれいだった。

すぐそこに、超豪華リゾートの「パンコール ラウト リゾート」が見える。
my3921.JPG
海上シャレーらしきものが、肉眼でも見える。

我々の来ている「パンコール島」は、カジュアルなリゾートで、「パンコール ラウト島」とは、施設は格段に違う(と思う)。
でも、海は同じだ。あはは。

また写真の整理をして、ゆっくりと旅日記でも書くことにする。


今回一緒にやってきた6人は、みんなマレーシア3年以上滞在組だ。
一番短い人で3年半、長いのは6年半。
3年限界説を突破した連中ばかりだ(笑)。

タマンデサの友人が、最近やけにあっちに行こう、こっちに行こうって言うもんだから。
冗談で、そんなにあちこち行きたがるのって、そろそろ撤退を考え始めたんじゃないの?って言った。

そしたら、一組の夫婦が、「いえいえ、私らなんですよ。私達がお願いしてたんですよ」と言う。
あと1年足らずで、日本に帰るそうだ。

マレーシアに来た当初から、5年間マレーシアで暮らす、と決めてきたそうだ。
そして、あと残り11ヶ月になったんだそうだ。

それって、いい考えかもしれない。
MM2Hの場合、いつ帰るのかがハッキリしない。

駐在さんなんかは、2年とか3年とか、だいたい決まっているんだろうけど。
MM2Hは、自分で決めなきゃ、帰ることにならない。

なので、私みたいに、なにもしないでダラダラと暮らす事になる。
5年なら5年って決めたら、やりたい事は、それまでにやるしかない。

そして、帰るまでのやりたい事のリストを作ってあるそうだ。
なるほどなあ。

真似はできそうにないな。
いつ帰るかも、決められないのに。
posted by kabumy at 22:54 | TrackBack(0) | マレーシアからの撤退 | 更新情報をチェックする