2014年04月23日

マレーシアに来てる日本人は「日本米」で苦労してる

マレーシアには、たくさんの和食の店はある。

日本から空輸で材料を持って来て、日本と変わらぬ味を提供する店もある。
そして、日本で美味しいと名が知れたお店で、修行してきた板前さんもいる。

でも、残念ながら、私の口には入らない。
そんなものを食べていたら、経済的に破綻する。

よく美味しい和食の店がない、なんかちょっと違うんだよね、って声を聞くけど。
その値段では、どうやっても無理だと思う。

和食と思わなければ、十分美味しいけど。
日本で食べる食事と比べるから、ちょっとねえとなってしまう。

自分で作っても、日本で作るようにはいかない。
材料が違うんだから、当たり前だ。
肉や魚にしても、野菜にしても、やっぱり違う。

同じ国から輸入してても、日本とマレーシアとでは違うものだ。
日本人が好むものと、マレーシア人が好むものが、違うのかもしれない。

あと、日本人がこだわるものに、米がある。
あのねっとりというか、ほんのり甘さがあるというか。
独特の食感だろう。

世界の誰もが美味しい、という事にはならないだろうけど。
日本人には、やっぱり美味しい。

これが、なかなかない。
もちろん、「ささにしき」や、「こしひかり」も売ってる。

それでも、日本で売ってるのとは、ちょっと違う。
精米してから、時間が経ってるからだろうか。

これまで、いろんな米を食べてきたけど、最近は普通に、街の米屋で買ってくる。
my3907.JPG

店の中に、いろんな米が並んでいる。
my3906.JPG

珍珠米、1kg7リンギ(220円)を買っている。
どこからの輸入?って聞いたら、カリフォルニアだって。

やっぱり、少ししっとり感に欠ける。
なので、1/10〜1/8くらい、タイ産のもち米を足している。

そうすると、ちょっともっちりして、まあいいかなって範疇に入る。

米屋の米のいいところは、精米してから、それほど時間が経ってない事。
スーパーで売ってる、いろんな米の精米日をみて、ぎょっとした事があってからそうしてる。

ほんとは、これが一番いいんだけど、、、
my3908.JPG
いかんせん遠過ぎる。

毎回米を買うのに、車で1時間半はキツイ。
posted by kabumy at 19:58 | TrackBack(0) | 食事 | 更新情報をチェックする