2012年11月15日

故障洗濯機の代替機が一日遅れでやってきた

修理している間の洗濯機の代替機は、約束の昨日は届かなかった。
やっぱりね、ってなもんだ。
そうそうスムーズには、事は運ばない。

それでも、電話してきたのには驚いた。
今日は行けなくなった、明日は行くと言ってきた。
普通は、なしのつぶてだけど。

そして、またまた驚いた事に、今日ちゃんと届いた。
そんな事もあるんだ。

まあ代替機だから、新品の訳はないとは思っていたけど。
想像以上に、相当年季の入った代物だ。

ドラム式と言うのか、洗濯物を横から入れるタイプだ。
洗ってみた。
古い人間なのか、こんなに水が少なくて本当に落ちてるんかいな? と、不安になってしまう。

叩きつけるように洗っている。
それも半端じゃない叩きつけ方だ。
これは洗濯物、痛むだろうなぁ。

こっちで買ってる衣類なんて、自慢じゃないけど、みんなメイドインチャイナ。
それも生地なんて、ペラペラ。
涼しくって、いいんだけどね。
でもこりゃ、すぐに綻びるだろうな。

それに凄い音だ。
脱水する時なんて、どっかに飛んで行きそうな勢いだ。
怖くて近寄れない。

持ち帰っていった故障洗濯機が、一日でも早くカムバックしてくる事を祈るばかりだ。
posted by kabumy at 17:41 | TrackBack(0) | 日々の暮らし | 更新情報をチェックする