2012年06月25日

稚魚の不漁で鰻が高騰 老舗の店も廃業に

Yahoo Japan newsで、鰻の稚魚(シラスウナギ)が不漁で、鰻の値段の高騰が続いているとあった。
鰻の専門店では値上げを余儀なくされ、数百円から千円程度の値上げをしているという。

中には、仕入れ価格の高騰から耐えきれなくなった店も多く、廃業に追い込まれている店もあるそうだ。
創業六十数年を数える老舗も、何店か廃業したとある。

私は、実は鰻が大好物なのだ。
「うな重」がいい。
ご飯が見えない位、びっちりと鰻が乗ってるのがいい。

いわゆる老舗と言われる店にも、何回か行った事もある。
まだ会社員だった頃の話だ。
今は、とても行けない。

そうだ、うな重を食べに行こうと思い立った。
わざわざ老舗の店に行くのも何なので、(高いし)
今住んでいるウィークリーマンションの近所で、鰻屋を見つけた。

地元に根差している感じがする。
近所のじいさん、ばあさん、あんちゃんがサンダル履きで入るような店だ。

店先に張ってある値段を見てたまげた。
一番安いのでも、三千円以上する。

今は、そんなもんなのでしょうか。
私が、世間からずれた、浦島な人間なのでしょうか。

どっちにしてもパスだ。
でも、ちょっと諦めきれない。

スーパーを覗いた。
中国産だけど、一串500円で売っていた。
私には、もうこれで十分。

酒をちょっとだけ振りかけて、レンジでほんの少し温めて、オーブンで焼いてみた。
立派な鰻丼だ。
my1125.JPG

なんだ、旨いじゃん!
ふっかふかで、老舗の味とそう変わらない。
んな訳ないかと思いつつも、優雅な夕食だ。

「肝吸」作るの忘れたけど、インスタントの味噌汁で、これまた十分。
あと3日で、東京出発。
posted by kabumy at 19:01 | TrackBack(0) | ただいま日本に滞在中 | 更新情報をチェックする

マレーシアの物価も高くなったけどやっぱり東京は高い

マレーシアの物価も高くなった。
4年前、KLに移り住んだ頃に比べると大分違うって感じだ。
これからも経済発展とともにどんどん上がって行くんだろう。

それでも今回東京に2ヶ月近く滞在して感じた。
やっぱり東京は高い。

何かを行動しようとすると、何かとお金がかかる。
どこかに出かけようと思っても、交通費が高い。
SUIKAに5,000円くらいトップアップしておいても、すぐになくなる。
50円くらいで出かけられるKLは、やっぱり動きやすい。

ガソリンだって、マレーシアの3倍はちょっと高すぎだって。
お酒もマレーシアは高いって言われているけど、他のものに比べると高いってだけで。
結局のところ、日本の方がかかる。
特に外で飲んだ時なんか、気絶もんだ。

財布の中に入れておいた1万円札が、どんどん消えて行くのには驚いた。

そうは言っても、東京滞在もあと4日を余すあまり。
今日も積極的に動き回る事にしよう。
出発する木曜日まで、東京はずっと曇りのようだ。
posted by kabumy at 08:36 | TrackBack(0) | ただいま日本に滞在中 | 更新情報をチェックする