2011年04月14日

一番安い航空券を手配する(その1)

格安航空券でマレーシアに安く行く。。。

前回は、格安航空券を安く手配する方法について、箇条書きにて概要を書いた。
もう少し具体的な方法について書く。

6月12日羽田出発、6月19日に羽田帰着の予定で、手配してみる。

まずは、エアアジアを調べる。
何ヶ月か前に予約ができる時は、エアアジアが安いことが多い。
エアアジアの運賃を、エアアジアのサイトで調べる。

エアアジアは、刻々と運賃が変わって行く。
突然のプロモーションが実施されたりと、
どの時点で予約を入れるのかは、非常に悩ましいところだ。


6月12日(日)羽田発で、KLまで片道16,000円。
6月19日(日)KL発で、羽田までも同じく片道16,000円だ。
これにエアアジアの場合は荷物代などが加わってくる。

荷物は標準の15sで1,000円、中型の20sで1,500円、大型の25sで2,500円。
中型にした。1週間以上の滞在だと、普通の人はなかなか15s以内にするのは難しい。

あとは機内持ち込みで7s持てる。

ということで、航空券往復32,000円、成田の航空税2,000円、APF1,000円、KLの航空税756円、座席指定料2,000円。
〆て往復合計40,756円となった。


次に格安航空券の価格を調べる。
AB-ROAD 航空券にアクセスして調べる。

アクセスしたら、日程と行き先を入力すると、一覧がざ〜っと出る。
価格順表示を選択する。

チャイナエアラインが往復で25,600円。
それ以外にも、中国南方航空34,000円。
日本航空36,000円。
ベトナム航空42,000円。
大韓航空42,000円。

安くても当日に着かない(経由地で1泊する)便もあるので、フライトスケジュールを確認しておく必要がある。
このサイトから簡単に問い合わせができるし、費用もかからないので、候補の便の残席確認メールを送っておく。

遅くても二日もあれば返事が返ってくる。
返事が返ってきたら、結果について、またご報告する。【一番安い航空券を手配する(その2)】

師匠からも見放された。でもカレーは旨い!

マレーシアロングステイ、株でしくしく暮らすクアラルンプール。。。


昨日の前場の引け間際で同値撤退したと、昨日書いた。
そのあと昼飯は、(予告通り?)インドカレーを食べに行った。
KLセントラルまで、ひとりで行った。それもぶらぶらぶらぶら歩いて。
食べたあとも、しばらくぶらぶらしていた。

当然、後場はお休み。。。やらなかった。


カレーは旨かった。やっぱりこっちのインドカレーは旨いよぉ。
絶対デリーで食べたカレーより旨いと思う。
KLでは、多分どこの店に入っても旨いんだろうと思う。
あとは自分に合うか合わないかの、好みの問題かなと思う。
(自分の好きな店はまた紹介する。今日は横道だけはそれないぞぉ)


たらふく食べて、大引け後に家にたどり着いて、チャートを見たら・・・・・後場は上がっていた。(泣)
それも、とっとこ上がっていた。

やりようがあったかどうかは別にして、ああまずいって直感が走った。



夕飯のあとに師匠から例のスカイプで連絡が入った。
後場、上手く行った?
(こういう出だしの時は、大抵は師匠は儲かっている時。やばい。)

いえ、うっ、あのう。。。などという会話を散々したあと、、、
もう知らん、あとは自分で考えてやれ!

はい!(とは言ったが)・・・

多分、1週間以上は口を聞いてもらえない。
posted by kabumy at 01:00 | 株のうさ話 | 更新情報をチェックする